ソフトウェア品質を高める開発者テスト アジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方

高橋 寿一(著)

商品番号
165030
販売状態
販売終了
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2021年03月17日
出荷開始日
2021年03月16日
ISBN
9784798165035
判型
A5
ページ数
224
キーワード
開発  アジャイル  スクラム

販売価格:¥2,640(税込)

ポイント:240pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。 電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

ソフトウェア上流品質を上げまくって、
バグだらけ・死ぬほど働くのをやめませんか?

テスト界の第一人者、高橋寿一氏執筆の
ロングセラー『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト』の続編が登場!
今回のテーマは「開発者テスト」です。

本書では、アプリ・システム開発において、バグを減らすために
開発者が行うべきテスト(開発者テスト)についてわかりやすく解説します。

開発者テストを実施するために知っておくべき概念・手法や、
○単体テスト
○リファクタリング
○アジャイル開発での品質担保
○テストの自動化
などについて、実例を出しながら解説していきます。

品質コンサルタントとして長年培ってきた筆者の経験をもとにした、
現場で必須の手法+学術的根拠のエッセンスを詰め込んだ一冊です。

̻□章構成
第1章 はじめに
第2章 上流品質向上のためのテスト
第3章 開発者テストの基本の基本
第4章 コードベースの単体テスト
第5章 単体テストの効率化――楽勝単体テスト
第6章 機能単位の単体テスト
第7章 リファクタリング
第8章 コードレビュー
第9章 統合テスト
第10章 システムテストの自動化
第11章 探索的テスト
第12章 まとめ――全体テストのデザイン
第13章 品質と要求仕様とテストのケース
第14章 アジャイル開発 versus ウォーターフォール開発
第15章 開発者テストの実サンプル

ソフトウェア上流品質を上げまくって、バグだらけ・死ぬほど働くのをやめませんか?

テスト界の第一人者による開発者テストの実践方法+学術的根拠のエッセンス

テスト界の第一人者、高橋寿一氏執筆のロングセラー『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト』の続編が登場!今回のテーマは「開発者テスト」です。

本書について

本書について

本書では、アプリ・システム開発において、バグを減らすために開発者が行うべきテスト(開発者テスト)についてわかりやすく解説します。

開発者テストを実施するために知っておくべき概念・手法や、

  • 単体テスト
  • リファクタリング
  • アジャイル開発での品質担保
  • テストの自動化

などについて、実例を出しながら解説していきます。品質コンサルタントとして長年培ってきた筆者の経験をもとにした、現場で必須の手法+学術的根拠のエッセンスを詰め込んだ一冊です。

単体テスト

単体テスト

単体テストは全員の開発者が知っていると言うかもしれませんが、ほとんどの開発者が本当はよく知らない、不思議な技術です。膨大なサンプルコードが載っている書籍もありますが、本質を言い当てている書籍は少ないと思います。本書で単体テストの本質と実践力を培ってください。

リファクタリング

リファクタリング

筆者は、ソフトウェア品質を担保するためにはリファクタリングは必須だと考えています。リファクタリングなしには上流品質が担保できないからです。コードの品質の本質論からのリファクタリングについて考えてみましょう。

テストの自動化

テストの自動化

テストの自動化では、どんな自動化でも、メインテナンスコストを最小限に抑えることが一番重要です。逆に言うと、最初にスクリプトを作るときにいくらかかっても、メインテナンスコストが安ければいくらでも自動化テストは再利用できます。

第1章 はじめに

第2章 上流品質向上のためのテスト
2.1 上流品質活動
2.2 さぼる・逆らう人のための上流テスト講座
 2.2.1 上流品質と出荷後の品質
 2.2.2 上流品質と残バグのリスク
2.3 まとめ

第3章 開発者テストの基本の基本
3.1 開発者がこれだけは知っておくべきテスト手法
 3.1.1 境界値テスト
 3.1.2 状態遷移テスト

第4章 コードベースの単体テスト
4.1 コードベースの単体テストとは
4.2 命令網羅(C0カバレッジ)
4.3 分岐網羅(C1カバレッジ)
4.4 よくある単体テストの間違い――コードベースの単体テスト
4.5 知っているようで知らないコードベースの単体テストの書き方
 4.5.1 一般的なテスト方法(TDD)
4.6 網羅率――コードベースの単体テストの成否を計測する

第5章 単体テストの効率化――楽勝単体テスト
5.1 コードの複雑度
5.2 どこを単体テストすればよいか?――単体テストやってる暇ありませんという人のために
 5.2.1 単体テストのやる箇所を絞る
 5.2.2 筆者の独自手法――ファイルを2つにぶった切る
 5.2.3 明確なメリット

第6章 機能単位の単体テスト
6.1 開発者がやるべき単機能のテスト
 6.1.1 ソート機能の単体テスト
6.2 ブラックボックステスト・ホワイトボックステスト

第7章 リファクタリング
7.1 やはり複雑です、そのコード!書けません、単体テスト
7.2 ファイルのコードのリファクタリング
7.3 ビッグクラスのリファクタリング
 7.3.1 CKメトリックス
7.4 複雑度を下げるリファクタリング
7.5 出口は1つ
7.6 MVC分離

第8章 コードレビュー

第9章 統合テスト
9.1 統合テストのパターン
 9.1.1 統合テスト重視の実例
9.2 APIテストとAPIバグ密度の考え方

第10章 システムテストの自動化
10.1 最悪のシステムテスト
10.2 キーワード駆動型自動テスト
10.3 妄想な自動化

第11章 探索的テスト

第12章 まとめ――テスト全体のデザイン
12.1 単体テストなしで疲弊する組織

第13章 品質と要求仕様とテストのケース

第14章 アジャイル開発 versus ウォーターフォール開発
14.1 ウォーターフォール開発のプロジェクト管理
14.2 アジャイル開発の上流品質

第15章 開発者テストの実サンプル
15.1 単体テスト
 15.1.1 Setup――簡単なアプリを作る
 15.1.2 単体テストのセットアップ
 15.1.3 単体テストを作る
15.2 コード網羅測定
 15.2.1 コード網羅ツールの準備
 15.2.2 一番簡単な網羅(命令網羅)
 15.2.3 分岐網羅
15.3 CI/CD設定
 15.3.1 ソースコード管理
 15.3.2 CircleCI
 15.3.3 Code Coverage設定

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

ニョンブーチョッパー さん

2021-05-09

★★★★★ 今までの経験した現場のことしか言えないが、本書のテーマである、Shift Leftして開発作業を楽にするという考え方を実践している開発現場は少ない。アジャイル開発だとドキュメントはいらないかと勘違いしていたけれど、最低限、クラス図とシーケンス図はあるべきとか、MVC分離は必須とか、関数の出口は1つにすべきとか、単体テストをしっかりやるならウォーターフォール開発も否定されるものではないとか、得るものがたくさんあった。↓

ユータス さん

2021-08-06

おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎(感動した)。マネージャーの立場をやることが多くなり開発の品質に悩んでいたため拝読。タイトルに「テスト」とあるのでテストの本かと思って読み始めたが、実はテストに限らず「ソフトウェア品質を高める実践的なやり方」の全てが紹介されている本だった。日本のソフトウェア開発現場が死ぬほど働かされてバグだらけだという現実をしっかり理解した上で現実的な改善方法を紹介・提案してくれている。ソフトウェア開発の品質をあげたいと思っている人だけでなく、効率をあげたいと思っている人も必読の一冊です。

smapx さん

2021-11-17

装丁は古くさいけど中身は新しい

関連商品

図解まるわかり 要件定義のきほん

販売価格:2,068円(税込)

2022.12.21発売

行政情報システム受託・開発の教科書

販売価格:2,970円(税込)

2022.11.16発売

行政情報システム受託・開発の教科書【PDF版】

販売価格:2,970円(税込)

2022.11.16発売

アジャイルメトリクス

販売価格:3,740円(税込)

2022.11.14発売

おすすめ特集

情報処理教科書シリーズ

【2023年版】情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る