ビジネスアイデア・テスト 事業化を確実に成功させる44の検証ツール【PDF版】

デイビッド・J・ブランド(著) , アレックス・オスターワルダー(著) , 杉田 真(翻訳)

商品番号
166210
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2020年11月24日
ISBN
9784798166216
データサイズ
約47.0MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
イノベーション  電子書籍【PDF版】

販売価格:¥3,080(税込)

ポイント:280pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

シリーズ累計16万部!
世界的ベストセラー『ビジネスモデル・ジェネレーション』、
待望の最新作

ビジネスアイデアが成功するかどうか、
判断するには「主観」より「エビデンス」。

「ユーザーにとって魅力的か」
「技術的に実現できるか」
「経済的にやっていけるか」
を検証するために使えるツールを完全網羅!

起業家、事業開発の担当者、
ビジネスアイデアのあるすべての人必携。

【顧客発見の実験】
<調査>顧客へのインタビュー/エキスパート・ステークホルダーへのインタビュー/パートナーとサプライヤーへのインタビュー/ある1日/顧客発見サーベイ
<データ分析>検索トレンド分析/ウェブトラフィック分析/オンラインフォーラム/営業チームのフィードバック/顧客サポート分析
<興味の発見>オンライン広告/リンクトラッキング/404テスト/機能のスタブ/メール・キャンペーン/ソーシャルメディア・キャンペーン/紹介制度
<議論のためのプロトタイプ>3Dプリント/ペーパープロトタイプ/ストーリーボード/データシート/パンフレット/解説動画/ブーメラン/持ち主ごっこ
<嗜好と優先順位の発見>プロダクトボックス/スピードボート/カードソート/機能の購入

【顧客実証の実験】
<インタラクションのプロトタイプ>
クリック可能なプロトタイプ/単一機能のMVP/マッシュアップ/コンシェルジュ/実物大のプロトタイプ
<CTA(行動要請)>
ランディングページ/クラウドファンディング/スプリットテスト/先行販売/顧客実証サーベイ
<シミュレーション>
オズの魔法使い/模擬販売/同意書/ポップアップ・ストア/スパイク

■著者紹介■
デイビッド・J・ブランド
2015年、リーンスタートアップ、デザイン思考、ビジネスモデル・イノベーションの手法を用いて企業が製品とマーケットのフィットを見出すことを支援するPrecoilを設立。これまで世界中の企業で新規のプロダクトやサービスの実証実験を支援してきた。シリコンバレーの複数の起業家育成プログラムで講師を務める。
アレクサンダー・オスターワルダー
2015年、「経営思想のアカデミー賞」と呼ばれるThinkers50に選出、2019年同4位にランクイン。ウォートン、スタンフォード、バークレー、MIT、など世界中の大学やビジネススクールに客員講師として招かれてきた。また、バイエル、ボッシュ、WLゴアなどの一流企業や、マスターカードを初めとするフォーチュン500企業の戦略・イノベーション関連のプロジェクトに参画している。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
世界的ベストセラー、『ビジネスモデル・ジェネレーション』待望の続編!
ビジネスを立ち上げるには検証がマスト
実験のコストや所要時間などをチェック。

実験のコストや所要時間などをチェック。

「準備」→「実行」→「分析」の各ステップのチェックリスト。

「準備」→「実行」→「分析」の各ステップのチェックリスト。

得られるエビデンスや必要とされるスキルなどの詳細。

得られるエビデンスや必要とされるスキルなどの詳細。

この実験と組み合わせるとよい他の実験は?

この実験と組み合わせるとよい他の実験は?

定期的に各種ミーティング(セレモニー)を開催。

定期的に各種ミーティング(セレモニー)を開催。

実験の進捗もしっかり管理。

実験の進捗もしっかり管理。

セクション1 デザイン
1.1 チームをデザインする
1.2 アイデアを形にする

セクション2 検証
2.1 仮説を立てる
2.2 実験する
2.3 学習する
2.4 決定する
2.5 管理する

セクション3 実験
3.1 実験を選択する
3.2 顧客発見
3.3 顧客実証

セクション4 マインドセット
4.1 実験の落とし穴を避ける
4.2 実験のリーダーシップ
4.3 実験用の組織を作る

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

Kanetaka M. Maki さん

2021-06-16

教科書として使いやすい。

関連商品

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る