翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

「食べる」介護のきほん 誤嚥を防いで食の楽しみをキープする、食事介助&お口のケア(はじめての在宅介護シリーズ)【PDF版】

齋藤 真由(著)

商品番号
172830
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2021年11月18日
ISBN
9784798172835
データサイズ
約18.5MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
介護  電子書籍【PDF版】  暮らし  社会福祉  はじめての在宅介護シリーズ

1,650円(税込)(本体1,500円+税10%)
送料無料

450pt (30%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

紙の書籍はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

  • ポスト
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずPDF利用案内をお読みください。

「介護する人」に寄り添う
在宅介護の実用書シリーズ新登場!

・いつもの食事が食べにくそう
・食べる量が減ってきた
・食べ終えるまでに時間がかかる
・むせることが増えて誤嚥が心配
・歯磨きなどのセルフケアが難しくなってきた…etc.

「口から食べること」は心身の健康や生活の質にも直結するので、
できるだけ美味しく・楽しく食べてほしい。
とはいえ、食事の用意や介助、お口のケアを手厚く行うのは負担が大きい。

本書では、栄養士資格も持つ歯科医師の著者が、
長年の摂食嚥下診療や口腔ケア指導、家庭や施設への訪問診療の経験をもとに、
「食べる力」をキープするために知っておきたいことを、
イラストとともにわかりやすく解説します。

食事場面での困り事への対応、誤嚥予防のポイント、
家庭でできる口腔ケア、入れ歯についての疑問や、訪問歯科の利用など、
「介護される人」だけでなく「介護する人」の実情もふまえたノウハウや考え方を提案します。

■目次
●第1章:「食べる楽しみ」を維持するために知っておきたいこと
●第2章:食事中のこんな「困った」ありませんか?
●第3章:食事の「困った」は姿勢で改善できる
●第4章:家庭でどこまでできる? 現実的な口腔ケア
●第5章:噛む・飲み込む力を高めて病気予防

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
「つらい」「どうすればいいの」を解決します
現場をよく知る歯科医師が教える
誌面紹介

1章 「食べる楽しみ」を維持するために知っておきたいこと
・「口から食べる」って、やっぱり大事?
・口の中を清潔にしなければならない理由
・「食べやすい食事」ってどんなもの?
・ヒトが食べる動作と食事形態の関係を考えてみよう
・食事作りも口腔ケアも、ポイントをおさえて脱力系で

2章 食事中のこんな「困った」ありませんか?
・せっかく作った食事なのに食べてくれません
・食べものを口元に持って行っても、口を開けてくれません
・口に入れてから飲み込むまでに時間がかかります
・食事中によくむせてしまいます
・食べこぼしが多いのですが、どうしたらいいですか?
・食事をしていると、だんだん疲れてしまうように見えます
・とにかく食べるペースが早いのですが、大丈夫ですか?
・嚥下障害と言われたので、とろみをしっかりつけています
・食事の量が少なくて心配です
・毎食2時間もかかかっていますが、大丈夫ですか?
・窒息は、お餅に注意すればいいですよね?
・「嚥下食」の考え方
・服薬をサポートするときのポイント

3章 食事の「困った」は姿勢で改善できる
・誤嚥しにくい食べ方ってありますか?
・食べやすい姿勢とはどんな姿勢?
・食環境の設定で安心&楽しい食事を~椅子とテーブル~
・食環境の設定で安心&楽しい食事を~食具の選び方~
・リハビリセラピストは強い味方

4章 家庭でどこまでできる? 現実的な口腔ケア
・口の中はどうなっている?
・自分の歯がなくなっても、入れ歯にすればいい?
・口腔ケアの方法~セルフケア~
・口腔ケアの方法~介護度が高い人~
・歯が1本でもあれば歯ブラシを使ってケア
・入れ歯の使い方、困り事
・ステージ別に考える、歯のこと、ケアのこと

5章 噛む・飲み込む力を高めて病気予防
・全身の衰えは口から始まる
・食べる・しゃべる力を維持するエクササイズ
・飲み込む力を維持するエクササイズ
・「食べる」ためには全身運動も大事!
・いつか「食べられなくなる日」が来たらどうするか?

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

Twakiz さん

2022-03-13

一昔前なら食べられなくなったら寿命・・であったのだけど今はそうはいかない.20年前に比べて「食べられなければ胃ろう」的な画一的対応は減ったと感じるがそれでも救急車で運ばれる高齢者は急病がなおったあとみな「食べられない」ので「ではどうするか?」を救急病院で考えている.何とかならないかな.この本は食べる力の弱った高齢者のケアの工夫の本.わかりやすく秀逸.おせんべりの「パリっ」が分かるのは歯根膜の役割で,歯がないと義歯入れても分からないの知らなかった.おいしく食べて幸せに生きる,それだけのことがなぜか難しい.

関連商品

おすすめ特集

プログラミング入門書大特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

ライティングおすすめ本

ライティングのスキルアップにおすすめの本。Webライティングやコピーライティングなど

マネー本特集

お金と経済の基礎知識から、資産形成・投資術、お金教育や介護まで。暮らしに役立つマネー本

インテリア本特集

おしゃれな部屋作りのヒントやインテリアの基礎知識、色使い、うつわや洋食器の知識まで、幅広い書籍をご紹介

事務職におすすめの本

Excel、日商簿記、業務の自動化を実現するRPAやPythonの技術など、事務職としてステップアップしたい人に!

特集をもっと見る