翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

コードが動かないので帰れません! 新人プログラマーのためのエラーが怖くなくなる本

桜庭 洋之(著) , 望月 幸太郎(著)

商品番号
180670
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2023年09月13日
出荷開始日
2023年09月12日
ISBN
9784798180670
判型
A5
ページ数
208
キーワード
プログラミング  開発  エンジニア

2,200円(税込)(本体2,000円+税10%)
送料無料

1,000pt (50%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

電子書籍はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

エラーでつまずいたらどう対処する?
プログラミングで「詰まない」ための必読書!

プログラミングをしている人であれば、誰しもこんな場面を経験したことはないでしょうか?

「コードがエラーで動かない!」
「エラーの原因がどこにあるのかわからない!」
「何をどうやっても不具合が解決できない!」

どんなにキャリアを積んだプログラマーでも、プログラムのエラーや不具合を完璧に防ぐのは難しいものです。そのため「エラーや不具合の原因をすばやく見つける技術」は、プログラミングをする上で欠かせないスキルの1つです。

本書は、そんな「コードが動かない!」という状況でどのように対処したらよいのか、エラーや不具合との上手な付き合いかたを、新人プログラマー向けにやさしく解説する入門書です。

・エラーメッセージの読みかた
・不具合の原因を見つけるデバッグのやりかた
・そもそも不具合を起こしにくいコードの書きかた
など、プログラミングをする上でおさえておきたい知識と技術を、具体的なコードを例にわかりやすく解説しています。

開発現場の新人はもちろん、デバッグをきちんと学んだことがない中堅の人、さらには「エラーが怖くてプログラミングが楽しくない……」という初心者まで、動かないコードと日々格闘しているあらゆるプログラマーにおすすめの一冊です。

【目次】
●第1章 エラーはどうして怖いのか?
・エラーを読んでみよう
・エラーを読まなくなってしまう理由
・エラーに向き合う心構え

●第2章 エラーの上手な読みかた
・エラーの構成要素を知ろう
・エラーの種類を知ろう

●第3章 不具合の原因を効率的に見つけるには?
・デバッグとは?
・プリントデバッグをやってみよう
・二分探索で効率的に探そう ほか

●第4章 ツールを活用してデバッグを楽にしよう
・デバッガは強力なツール
・ブレークポイントを使ってみよう
・いろいろなステップ実行 ほか

●第5章 どうしても解決できないときは?
・プログラマーのための情報収集テクニック
・エラーが見つからないときは?
・不具合が再現できないときは? ほか

●第6章 デバッグしやすいコードを書こう
・再代入は控えよう
・スコープは可能な限り狭めよう
・単一責任の原則を知ろう ほか

画像01
画像02
画像03

■「はじめに」より

プログラムを完成して動かすまでの過程は、必ずしも順調に進むものではありません。時には、コードを書いている時間よりも、エラーの対応に頭を悩ませている時間のほうが長いことさえあります。意図したように「コードが動かない」という状況で、上手な対応ができるかどうかは、プログラマーとしての生産性や仕事の達成度を大きく左右します。(中略)

本書で身につけた知識や技術を駆使すれば、不具合の対処がスムーズにできるようになり、きっとプログラミング自体がもっと楽しくなることでしょう。

●第1章 エラーはどうして怖いのか?
1-1 エラーを読んでみよう
1-2 エラーを読まなくなってしまう理由
1-3 エラーに向き合う心構え

●第2章 エラーの上手な読みかた
2-1 エラーの構成要素を知ろう
2-2 エラーの種類を知ろう

●第3章 不具合の原因を効率的に見つけるには?
3-1 デバッグとは?
3-2 プリントデバッグをやってみよう
3-3 二分探索で効率的に探そう
3-4 最小限のコードでデバッグしてみよう
3-5 デバッグをすばやく進めるための考え方

●第4章 ツールを活用してデバッグを楽にしよう
4-1 デバッガは強力なツール
4-2 ブレークポイントを使ってみよう
4-3 いろいろなステップ実行
4-4 条件つきブレークポイント
4-5 変数を監視してみよう

●第5章 どうしても解決できないときは?
5-1 プログラマーのための情報収集テクニック
5-2 エラーが見つからないときは?
5-3 不具合が再現できないときは?
5-4 本番環境のエラー収集方法

●第6章 デバッグしやすいコードを書こう 
6-1 再代入は控えよう
6-2 スコープは可能な限り狭めよう
6-3 単一責任の原則を知ろう
6-4 純粋関数を利用しよう
6-5 型を意識してコードを書こう
6-6 デバッグを助けるテストコード

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

おすすめ特集

【2023年下半期】SEshop人気書籍 ベスト20

【2023年下半期 ベスト20】SEshopで人気だった本をランキング形式で20冊ご紹介

アプリ開発特集

アプリ開発に必要な基礎知識や開発手順、使用言語に関する手引書をご紹介

DX特集

DXに関する知識/スキルを網羅的に習得できるオススメ本!

デジタルイラスト参考書

基本的な描き方から高度なテクニック、デジタルツールの使い方まで!デジタルイラスト上達本のご紹介

ビジネス教養本

プレゼンテーションスキルや文章術、データ活用スキルなど、ビジネスシーンで活きる教養本

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る