翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

データ可視化の基本が全部わかる本 収集・変換からビジュアライゼーション・データ分析支援まで 発売予定

矢崎 裕一(著)

商品番号
183680
販売状態
発売予定
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2024年08月28日
出荷開始日
2024年08月27日
ISBN
9784798183688
判型
A5
キーワード
データベース  ネットワーク  人工知能  Python  データ分析  UI・UX  プロジェクトマネージャー

2,750円(税込)(本体2,500円+税10%)
送料無料

250pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

予約商品

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

電子書籍はこちら 紙書籍とPDF版のセット商品はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

  • ポスト

データの海から本質をつかみ、洞察を得る

データ可視化は膨大なデータから意思決定に役立つ洞察を導き出すための必要不可欠なスキルです。

同時に、専門外の方へ知識を伝えたり説得するためのコミュニケーション術としても活用できます。

本書は、情報デザイン、コンピュータサイエンス、データサイエンス、統計学、記号学、インタラクションデザイン、ストーリーテリングなどさまざまな分野に分散しているデータ可視化の知見を統合し、ビジネスの最前線で役立つ内容に整理しています。

データ可視化の実践と普及に20年以上携わってきた著者が、本当に必要な基礎的な知識から実務でのワークフローや可視化の実践法、最適なチャートの選び方までをやさしく解説します。

ツール不要でプログラミング言語に依存しない記述なので、本質的な理解につながる内容です。

とくに次のような方にはおすすめの一冊です。
・データ分析の実務者
・UI・UXデザイナーやエンジニア
・プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー
・マーケティングや事業戦略の担当者
・企業の広報・コミュニケーションの担当者

【読者特典】手軽に使えるデータ可視化・データ処理ツール47選付き!

【目次概要】
〈基礎編〉
第1章 なぜデータを可視化するのか
第2章 データ可視化とは何か
第3章 どんな分野で用いられているか
第4章 チャートの文法とは何か
第5章 可視化表現の三層モデルとは何か
第6章 色をどのように選ぶか
第7章 コミュニケーションとしての可視化
〈実務編〉
第8章 2つのワークフローをおさえる
第9章 ゴールを設定する
第10章 タスクを抽象化する
第11章 データの実務知識をおさえる
第12章 データを収集し処理する
第13章 可視化表現を分類する
第14章 数値(How Many)を可視化する
第15章 言葉(What)を可視化する
第16章 時間(When)を可視化する
第17章 場所(Where)を可視化する
第18章 関係(To Whom)を可視化する
第19章 インタラクティブ操作を実現する
第20章 レイアウトする
第21章 制作ガイドラインとしての価値観と原理原則

〈基礎編〉

第1章 なぜデータを可視化するのか
 1-1 データを可視化する理由
 1-2 視覚優位な特性と外的表象の力を活かす
 1-3 知的活動を支援する
 1-4 ストーリーを伝達し説得する

第2章 データ可視化とは何か
 2-1 データを視覚的に表現する
 2-2 分野を超えた学際性
 2-3 チャートには文法がある
 2-4 3つの枠組みで可視化表現をとらえる
 2-5 可視化を通じたコミュニケーション

第3章 どんな分野で用いられているか
 3-1 さまざまな分野で活用されるデータ可視化
 3-2 統計学
 3-3 機械学習・AI
 3-4 経済
 3-5 音楽学
 3-6 ソーシャルグッド
 3-7 データジャーナリズム(社会科学)
 3-8 デジタル・ヒューマニティーズ(人文学)
 3-9 デジタル・エスノグラフィ(文化人類学)
 3-10 スポーツ
 3-11 自然科学
 3-12 行政

第4章 チャートの文法とは何か
 4-1 チャートの文法とは何か
 4-2 ビジュアル変換
 4-3 スペース変換
 4-4 スケール
 4-5 ノンデータ・グラフィック

第5章 可視化表現の三層モデルとは何か
 5-1 可視化表現の3層モデルとは何か
 5-2 知覚的枠組み
 5-3 慣習的枠組み
 5-4 知覚と慣習のバランス
 5-5 可視化表現のトレードオフ

第6章 色をどのように選ぶか
 6-1 なぜ色は重要なのか
 6-2 情報デザインの観点
 6-3 データの性質による観点
 6-4 慣習的な観点
 6-5 閲覧者や閲覧環境への配慮
 6-6 カラースキームの設計に役立つツール

第7章 コミュニケーションとしての可視化
 7-1 コミュニケーションの4つの観点
 7-2 コミュニケーション・モデルとは何か
 7-3 コミュニケーションには「探索」と「説明」がある
 7-4 理解のスペクトル
 7-5 可視化表現の撮影フレーミング

〈実務編〉

第8章 2つのワークフローをおさえる
 8-1 課題探索型のワークフロー
 8-2 表現伝達型のワークフロー

第9章 ゴールを設定する
 9-1 課題探索型におけるゴール
 9-2 表現伝達型におけるゴール
 9-3 利用シーンとターゲット

第10章 タスクを抽象化する
 10-1 分野固有の問いやテーマを抽象化する
 10-2 どのくらい(How Many)を示す
 10-3 言葉(What)を示す
 10-4 いつ(When)を示す
 10-5 どこで(Where)を示す
 10-6 関係性(To Whom)を示す

第11章 データの実務知識をおさえる
 11-1 データの基本概念
 11-2 データの種類とファイル形式
 11-3 構造化データファイル
 11-4 非構造化データ
 11-5 ファイルの属性
 11-6 メタデータ

第12章 データを収集し処理する
 12-1 データ収集と管理
 12-2 データの品質と処理

第13章 可視化表現を分類する
 13-1 タスク別チャートの分類方法
 13-2 可視化手法を分類する5W

第14章 数値(How Many)を可視化する
 14-1 利用するファイル形式の特徴
 14-2 ファイル形式にあったデータ操作の仕方
 14-3 チャートを分類する考え方
 14-4 数値を示すチャート表現一覧

第15章 言葉(What)を可視化する
 15-1 利用するファイル形式の特徴
 15-2 ファイル形式にあったデータ操作の仕方
 15-3 チャートを分類する考え方
 15-4 言葉を示すチャート表現一覧

第16章 時間(When)を可視化する
 16-1 利用するファイル形式の特徴
 16-2 ファイル形式にあったデータ操作の仕方
 16-3 チャートを分類する考え方
 16-4 時間を示すチャート表現一覧

第17章 場所(Where)を可視化する
 17-1 主題地図とは何か
 17-2 地理的空間の基礎知識
 17-3 従来の静的な地図とは異なる地理空間データ可視化
 17-4 利用するファイル形式の特徴
 17-5 ファイル形式にあったデータ操作の仕方
 17-6 ベースマップ
 17-7 チャートを分類する考え方
 17-8 場所を示すチャート表現一覧
 17-9 作成手順

第18章 関係(To Whom)を可視化する
 18-1 利用するファイル形式の特徴
 18-2 ファイル形式にあったデータ操作の仕方
 18-3 チャートを分類する考え方
 18-4 関係を示すチャート表現一覧

第19章 インタラクティブ操作を実現する
 19-1 なぜインタラクティブ技術が重要なのか
 19-2 インタラクティブ技術の目的は何か
 19-3 インタラクティブなデータ操作
 19-4 インタラクティブなビュー操作
 19-5 インタラクティブなシステム操作

第20章 レイアウトする
 20-1 レイアウトとは
 20-2 情報デザインの知見をおさえる
 20-3 読解プロセスの4段階
 20-4 チャートの基本配置
 20-5 空間利用のバリエーション

第21章 制作ガイドラインとしての価値観と原理原則
 21-1 データ可視化の5つの価値観
 21-2 原理原則1:正確性
 21-3 原理原則2:明瞭性
 21-4 原理原則3:実用性
 21-5 原理原則4:有効性
 21-6 原理原則5:芸術性
 21-7 5つの原理原則のチェックリスト

本書に関するお問い合わせ
会員特典データのご案内
著者略歴

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

達人に学ぶDB設計徹底指南書 第2版

3,080円(税込)

2024.08.28発売

おすすめ特集

プログラミング入門書大特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

ライティングおすすめ本

ライティングのスキルアップにおすすめの本。Webライティングやコピーライティングなど

マネー本特集

お金と経済の基礎知識から、資産形成・投資術、お金教育や介護まで。暮らしに役立つマネー本

インテリア本特集

おしゃれな部屋作りのヒントやインテリアの基礎知識、色使い、うつわや洋食器の知識まで、幅広い書籍をご紹介

事務職におすすめの本

Excel、日商簿記、業務の自動化を実現するRPAやPythonの技術など、事務職としてステップアップしたい人に!

特集をもっと見る