ネットワークアドベンチャーへ,出かけよう

翔泳社(出版社) , 宮本久仁男(著) , 櫻井敬子(著)

商品番号
106390
販売状態
品切れ
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2004年07月16日
ISBN
4798106399
判型
B5変
ページ数
240
キーワード
ラーニング    メーカー  ネットワーク  入門  シリーズ  翔泳社  Standard Technology Booksシリーズ

販売価格:¥2,570(税込)

送料無料

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

ホントの基礎~最新技術まで最大級のわかりやすさで詰まってる!

本書は「ネットワーク技術に関する基本的かつ汎用的な知識」を、楽しみながら自分のペースできちんと学んでいただける新しい学習書です。本書の構成はきわめてユニークです。ツアーを案内してくれるキャプテンと、その説明に耳を傾ける2人の探検者という3人の登場人物が、“ネットワークアドベンチャー島”をツアーしていくのです。第1部クイックツアーは、その全貌を見渡せる場所で展開します。そして、第2部メインツアーでいよいよ核心となる内部へと入ってきます。2つのツアーを、やさしく丁寧な解説でキャプテンが導いてくれます。さあ、ツアーを進めましょう!

第1部 クイックツアー~ネットワークってどんなものかをサクッと理解しよう~

第1章 ネットワーク技術の基礎の基礎
1.1 ネットワークって何だろう
1.2 ネットワークの仕組み

第2部 メインツアー~ネットワークの基礎をじっくり・しっかり理解しよう~

第2章 ネットワークの成り立ち
2.1 小包・住所・道筋―通信データと経路について考えてみよう
2.2 摩訶不思議な小包―通信データの持つ意味
2.3 小包を送る手段―通信経路について考えよう
2.4 通信経路と通信データを組み合わせてみよう
2.5 ネットワークは層でできている
第2章 理解度確認ドリル

第3章 ネットワークを流れるデータの扱い―第2層と第3層
3.1 ネットワークを流れるデータの成り立ち(1):第3層
3.2 ネットワークを流れるデータの成り立ち(2):第2層
3.3 第3層と第2層の関係はタイトでもありルーズでもある
第3章 理解度確認ドリル

第4章 線の上を流れる電気/光/無線―物理層とデータリンク層
4.1 ネットワークは層に分けて考える
4.2 物理層やデータリンク層ってどんなもの?
4.3 ネットワークを流れるデータの表記法
第4章 理解度確認ドリル

第5章 信号の中に存在するデータ―データリンク層とネットワーク層
5.1 ネットワーク層で行われるデータのやり取り
5.2 ネットワーク層とデータリンク層の違い
第5章 理解度確認ドリル

第6章 届いたデータはどうなるの?―トランスポート層以上の話
6.1 信頼性を確保するためのトランスポート層
6.2 誰がデータを使うのか?―仮想通信路の確立とサービスの識別
6.3 トランスポート層以上の仕組み(1):セッション層
6.4 トランスポート層以上の仕組み(2):プレゼンテーション層とアプリケーション層
第6章 理解度確認ドリル

第7章 データを送るにはどうしたらいいの?―経路と経路制御の基本
7.1 データを届けるための道順を決定する―経路について考えてみよう
7.2 経路はどうやったらわかるの?―経路制御のいろいろ
7.3 経路の決定の仕組みを考えてみよう
7.4 ネットワークの地図を作ろう―ルーティングテーブルの決定方法
7.5 地図を作るいろいろな方法―ルーティングプロトコルを理解する
第7章 理解度確認ドリル

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

情報処理教科書 応用情報技術者 テキスト&問題集 2019年版

販売価格:3,024円(税込)

2018.11.14発売

情報処理教科書 出るとこだけ!ITパスポート 2019年版

販売価格:1,706円(税込)

2018.11.14発売