「ルビィのぼうけん」ワークショップ・スターターキット 発売予定

翔泳社(出版社) , リンダ・リウカス(著) , 鳥井雪(訳)

商品番号
SEPB026
販売状態
発売予定
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2017年06月01日
ISBN
9784798153544
判型
A4
ページ数
 
付録:DVD/CD-ROM
1
キーワード
プログラミング  海外  絵本  Ruby  教育  SEshop限定

販売価格:¥32,400(税込)

送料無料 お取り寄せ品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほしい物リストに追加

2020年からの小学校における必修化に向けて
すぐに始められるプログラミング教育支援教材

本キットは、2020年からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向けて、先生ご自身による授業の準備や実践を支援する教材です。
プログラミング教育として、「ビスケット」などでプログラミングを経験することに加え、プログラミングにおける"論理的思考"を体験することも有用です。

【キットの特長】
・低学年でも楽しめる「ルビィのぼうけん」
・コンピューターを使わない「アンプラグド」
・学級活動や総合的な学習に最適な「ワークショップ」
・様々な学年や教科に応用できる「授業事例」
・見ながら準備できる「スタートガイド動画」
・何度でも自由に使える「教材データ」

【キットの内容】
1.スタートガイド動画&教材データ収録DVD-ROM
2.書籍『コンピューターを使わない小学校プログラミング教育』
3.書籍『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』
4.教材「ダンス、ダンス、ダンス」マグネットシート
5.教材「おしゃれのルール」台紙+服カード
6.教材「こまったこと」ワークシート
7.教材「ルビィのぼうけん」ワークショップふりかえりシート
※1クラス=40名分を同梱(教材データにて追加印刷可)

機材や設備など複雑な準備は不要です。
先生お1人で、普段の教室で、実践が可能です。
プログラミング教育の一環としてご活用ください!

●「ルビィのぼうけん」とは
プログラマーでもあるリンダ・リウカス作の知育絵本です。プログラミングやテクノロジーの基本的な考え方を、5歳から楽しく学べます。前半の物語と後半の練習問題を活用して、小学校の授業に導入する事例も増えています。

●リンダ・リウカスからのメッセージ
先生がたへ
プログラミングの、魔法の世界へようこそ。
これからルビィや仲間たちと一緒に、大きな問題を小さな問題に分解すること、繰り返し、条件分岐(場合分け)などを学んでいくことになります。加えて、ねばり強さや創造性、そして協調性も。未来のプログラマーには、どれも必要なスキルと体験です。先生がたにいちばん大切にしていただきたいことは、子どもたちの好奇心を刺激することです。人生の早い時期のプログラミングとテクノロジーの体験は、成長するにつれて、その姿勢に大きく影響していきます。ですから、小さな子たちにとってのプログラミングを、楽しく、創造性豊かに、ワクワクする体験にしましょう!
「小林祐紀、兼宗進(2017).コンピューターを使わない小学校プログラミング教育 翔泳社」より

>>『ルビィのぼうけん』特設サイトはこちら!

書籍のサンプルなどのダウンロードは、翔泳社サイトへ移動いたしました。
ダウンロード

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク


関連商品

インバウンドビジネス集客講座

販売価格:1,944円(税込)

2017.06.16発売

アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム

販売価格:2,570円(税込)

2017.06.05発売