AWSによるサーバーレスアーキテクチャ

Peter Sbarski(著) , 長尾 高弘(翻訳) , 吉田 真吾(監修)

商品番号
155160
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2018年03月14日
出荷開始日
2018年03月13日
ISBN
9784798155166
判型
B5変
ページ数
424
キーワード
データベース  開発  サーバー  クラウド  AWS

販売価格:¥3,960(税込)

ポイント:1,800pt (50%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

クラウドコンピューティングの技術の中でも、昨今注目を集めているのがサーバーレスアーキテクチャです。

FaaS(Function-As-A-Service)とも呼ばれるサーバーレスアーキテクチャは、ファンクション(関数)と呼ばれるマイクロサービスを実装し、組み合わせながら、サービスを構築していくアーキテクチャです。

その際、実行環境となるサーバーのスケーリングや管理をクラウドプロバイダに任せることで、開発者はオンプレミスなサーバーを考えることなしに、開発時間の短縮と運用コストの削減を図ることができます。

本書は、現場で役に立つ開発パターンをハンズオン形式で学べる『Serverless Architectures on AWS: With examples using AWS Lambda』の日本語版です。

本書では、サーバーレスアーキテクチャに興味のある開発者がAmazon Web Services(AWS)上で新技術を実践・体験するための例として、

 ・マイクロサービスのコードを実行する「AWS Lambda」
 ・「Amazon S3」などのクラウドストレージ
 ・「Amazon DynamoDB」などのデータベース
 ・「Auth0」などの認証サービス

といったサービスを組み合わせながら、実際に動かすことのできる動画シェアサイトを構築していきます。

世界的な技術カンファレンス「Serverlessconf」の責任者である著者による、サーバーレスアーキテクチャの主要なデザインパターンを学べる1冊です。

第1部 導入

●第1章 サーバーレスの世界へ
 ・1.1 ここにいたるまでの流れ
 ・1.2 サーバーレスアーキテクチャの原則
 ・1.3 サーバーからサーバーレスへの乗り換え
 ・1.4 サーバーレスの長所と短所
 ・1.5 まとめ
●第2章 アーキテクチャとパターン
 ・2.1 ユースケース
 ・2.2 アーキテクチャ
 ・2.3 パターン
 ・2.4 まとめ
●第3章 サーバーレスアプリケーションの構築
 ・3.1 24-Hour Video
 ・3.2 Amazon SNSの設定
 ・3.3 動画ファイルのアクセス権限の設定
 ・3.4 メタデータの生成
 ・3.5 仕上げ
 ・3.6 演習問題
 ・3.7 まとめ
●第4章 クラウドの設定
 ・4.1 セキュリティモデルとID管理
 ・4.2 ログとアラート
 ・4.3 料金
 ・4.4 演習問題
 ・4.5 まとめ

第2部 コア機能

●第5章 認証と認可
 ・5.1 サーバーレス環境における認証
 ・5.2 24-Hour Videoへの認証の追加
 ・5.3 AWSとの統合
 ・5.4 委任トークン
 ・5.5 演習問題
 ・5.6 まとめ
●第6章 オーケストレーターとしてのAWS Lambda
 ・6.1 AWS Lambdaの内部
 ・6.2 プログラミングモデル
 ・6.3 バージョニング、エイリアス、環境変数
 ・6.4 CLIの使い方
 ・6.5 AWS Lambdaのパターン
 ・6.6 Lambda関数のテスト
 ・6.7 演習問題
 ・6.8 まとめ
●第7章 Amazon API Gateway
 ・7.1 インターフェイスとしてのAmazon API Gateway
 ・7.2 Amazon API Gatewayの操作
 ・7.3 ゲートウェイの最適化
 ・7.4 ステージとバージョン
 ・7.5 演習問題
 ・7.6 まとめ

第3部 アーキテクチャの拡張

●第8章 ストレージ
 ・8.1 賢いストレージ
 ・8.2 セキュアなアップロード
 ・8.3 ファイルへのアクセス制限
 ・8.4 演習問題
 ・8.5 まとめ
●第9章 データベース
 ・9.1 Firebase入門
 ・9.2 24-Hour VideoへのFirebaseの追加
 ・9.3 ファイルへのアクセスの保護
 ・9.4 演習問題
 ・9.5 まとめ
●第10章 仕上げの学習
 ・10.1 デプロイとフレームワーク
 ・10.2 よりよいマイクロサービスのために
 ・10.3 AWS Step Functions
 ・10.4 AWS Marketplaceが開くビジネスチャンス
 ・10.5 これからの展開のために



●付録A サーバーレスアーキテクチャのためのサービス
 ・A.1 Amazon API Gateway
 ・A.2 Amazon SNS(Simple Notification Service)
 ・A.3 Amazon S3(Simple Storage Service)
 ・A.4 Amazon SQS(Simple Queue Service)
 ・A.5 Amazon SES(Simple Email Service)
 ・A.6 Amazon RDS(Relational Database Service)とAmazon DynamoDB
 ・A.7 Amazon CloudSearch
 ・A.8 Amazon Elastic Transcoder
 ・A.9 Amazon Kinesis Data Streams
 ・A.10 Amazon Cognito
 ・A.11 Auth0
 ・A.12 Firebase
 ・A.13 その他のサービス
●付録B インストールとセットアップ
 ・B.1 システムの準備
 ・B.2 IAMユーザーとCLIのセットアップ
 ・B.3 ユーザーアクセス権限の設定
 ・B.4 新しいS3バケットの作成
 ・B.5 IAMロールの作成
 ・B.6 Lambda関数のための準備
 ・B.7 Amazon Elastic Transcoderの設定
 ・B.8 npmのセットアップ
●付録C 認証と認可について
 ・C.1 認証と認可の基本
 ・C.2 JWT
●付録D AWS Lambdaの内部
 ・D.1 実行環境
 ・D.2 制限
 ・D.3 古いランタイムの扱い方
●付録E モデルとマッピング
 ・E.1 動画リストの取得
●付録F Amazon S3のイベントメッセージ構造
 ・F.1 S3イベントメッセージの構造
 ・F.2 覚えておくべきこと
●付録G Serverless FrameworkとAWS SAM
 ・G.1 Serverless Framework
 ・G.2 AWS SAM
 ・G.3 まとめ
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

PenguinTrainer さん

2020-07-27

機能毎に分けられたAWSの使い方が書かれた本。本格的に使う場合は日々UIや機能が変化していくので本で学ぶより公式の用意しているチュートリアル(一部有料)の方が良い気がするがどういう風に使うかについては現状変わっていないので本書で概要が掴めると考えられる。

ますみ さん

2018-06-05

1,2,10,付録があれば良い気がした。 これからPaaS,コンテナ,サーバーレスとマイクロサービスやIDDDといったDDDな流れを支えやすい基盤について考えを整理したいと思った。 下の二つのサイトを知れたのがよかった。 https://martinfowler.com/eaaDev/ https://serverless.zone/

トレーニング さん

2020-11-04

Firebase の部分は今だと DynamoDB なのかな。けど、AWS のサーバレスはカバーされてる良書。

関連商品

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る