現場で使える!TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法

翔泳社(出版社) , 太田満久(著) , 須藤広大(著) , 黒澤匠雅(著) , 小田大輔(著)

商品番号
154120
販売状態
新発売
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2018年04月19日
ISBN
9784798154121
判型
A5
ページ数
288
キーワード
開発  人工知能  Python

販売価格:¥2,894(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

【本書の特徴】
2015年11月にGoogleがオープンソース化したソフトウェアライブラリ「TensorFlow(テンソルフロー)」は、
多くの開発者に支持され、多企業で採用されています。
本書は、TensorFlowの導入から、高レベルAPIであるKerasを利用した実践的な深層学習モデルまで解説した、
エンジニア向けの入門書です。 第1部の基本編では、深層学習とTensorFlow、Kerasの基礎について解説し、
第2部の応用編では画像処理における応用的なモデルのKerasを使った実装方法を解説します。
特に、第2部では、「ノイズ除去」「自動着色」「超解像」「画風変換」「画像生成」を取り上げています。
TensorFlowやKerasの機能面を押さえつつ、現場で使用できるような実践的な深層学習モデルまでフォローしています。

【対象読者】
深層学習に入門したいエンジニア

【目次】
第1部 基本編

第1章 機械学習ライブラリTensorFlowとKeras
第2章 開発環境を構築する
第3章 簡単なサンプルで学ぶTensorFlowの基本
第4章 ニューラルネットワークとKeras
第5章 KerasによるCNNの実装
第6章 学習済みモデルの活用
第7章 よく使うKerasの機能

第2部 応用編

第8章 CAEを使ったノイズ除去
第9章 自動着色
第10章 超解像
第11章 画風変換
第12章 画像生成

第1部 基本編

第1章 機械学習ライブラリTensorFlowとKeras
第2章 開発環境を構築する
第3章 簡単なサンプルで学ぶTensorFlowの基本
第4章 ニューラルネットワークとKeras
第5章 KerasによるCNNの実装
第6章 学習済みモデルの活用
第7章 よく使うKerasの機能

第2部 応用編

第8章 CAEを使ったノイズ除去
第9章 自動着色
第10章 超解像
第11章 画風変換
第12章 画像生成

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク


関連商品

エンジニアが学ぶ物流システムの「知識」と「技術」

販売価格:3,024円(税込)

2018.06.20発売

Unityでわかる!ゲーム数学

販売価格:3,650円(税込)

2018.06.18発売

正規表現辞典 改訂新版

販売価格:2,916円(税込)

2018.05.24発売