現場で使える!NumPyデータ処理入門 機械学習・データサイエンスで使える高速処理手法 発売予定

翔泳社(出版社) , 吉田拓真(著) , 尾原颯(著)

商品番号
155910
販売状態
発売予定
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2018年11月19日
ISBN
9784798155913
判型
A5
ページ数
592
キーワード
プログラミング  Python  ビッグデータ  数学  機械学習

販売価格:¥4,104(税込)

送料無料 お取り寄せ品

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

ほしい物リストに追加

ビッグデータを扱う機械学習の現場では、Python の高機能で利用しやすい数学・科学系ライブラリが急速に広まってきています。
そのなかでもNumPy(ナンパイ)は、機械学習で扱うケースの多い多次元配列(行列やベクトル)を処理する高水準の数学関数が充実しています。
また、Python単体では遅い処理をC言語なみに高速化できることもあり、機械学習の分野におけるデータ処理に欠かせないライブラリとなっています。
本書では機械学習におけるデータ処理に役立つNumPy の基本関数の説明から始まり、現場で利用することの多い実践的なデータ処理手法について解説します。
特に、機械学習におけるデータ処理でよく扱う配列の処理に力点を置いて解説します。
構成は、NumPyの特徴の紹介から始まり、主だった関数の紹介、そしてNumPyによるさまざまなデータ読み取り手法を解説します。
さらに機械学習における実践的な導入方法も紹介します。

Prologue 開発環境の準備
第1章 NumPyの基本
第2章 NumPy配列を操作する関数
第3章 NumPyの数学関数で高速データ処理を行う
第4章 NumPyで機械学習を実装する

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

ゲームプログラミングC++

販売価格:4,968円(税込)

2018.12.05発売

スラスラわかるC# 第2版

販売価格:2,894円(税込)

2018.11.07発売