イラストでそこそこわかるLinux コマンド入力からネットワークのきほんのきまで【PDF版】

翔泳社(出版社) , 河野寿(著)

商品番号
166100
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2020年02月28日
ISBN
9784798166100
データサイズ
約27.6MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
ネットワーク  Linux  サーバー  クラウド  ITインフラ  電子書籍【PDF版】

販売価格:¥2,750(税込)

ポイント:500pt (20%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

Linux 1年生のための入門の入門書!

これまでLinuxと縁がなかった方に向け、はじめの一歩から解説した1冊です。
図解イラストを使ってわかりやすく説明しているので
「コマンドってなに?」「ディレクトリってなに?」という方でも
くじけることなく学習することができます。

本書用に用意したCentOSをVirtualBox上で動かせば
実際にLinuxを動かしながら読み進めることができます。
WindowsやmacOSでの動作を思い浮かべながら操作し、
実行結果を確認していけば、より理解が深まるでしょう。

著者は、仲間から「ディストリビューションマニア」と
呼ばれている河野寿さん。

最初からLinuxのすべてを理解する必要はありません。
仕事のできる先輩方も、この辺からマスターしていったのです。
将来、インフラエンジニアなどを目指すのであれば、
本書でサーバーOSを学び始めてはいかがでしょう。

---本書は2016年1月に刊行した下記タイトルを加筆・修正したものです。---
「イラストでそこそこわかるLPIC1年生」(ISBN:9784798144061)
[主な変更点]
・学習用環境がCentOS 6から最新安定バージョンのCentOS 7に
・第11章でネットワークについての内容を拡充
・第12章を新設し、クラウドの基本的な知識を解説
--------------------------------------------------------------------------------

【こんな方達におススメすすめします】
・WindowsやmacOSしか使ったことのない、Linuxど素人さん
・インフラエンジニアを目指したいけど、何から学べばいいのかわからない方
・ITエンジニアの新人研修用テキストとしても最適!

【目次】
第1章 学習をはじめる前に
第2章 Linuxのおおまかなしくみ
第3章 ファイルとディレクトリ操作のきほん
第4章 はじめてのエディター
第5章 ユーザーとグループのきほん
第6章 シェルの便利な機能を使おう
第7章 使いこなすと便利なコマンド
第8章 ソフトウェアとパッケージのきほん
第9章 ファイルシステムのきほん
第10章 プロセスとジョブのきほん
第11章 ネットワークのきほん
第12章 レンタルサーバー、仮想サーバー、クラウドのきほん

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。

第1章 学習をはじめる前に
 01 縁の下の力もち、それがOS、それがLinux(リナックス)だ
 02 Linuxに歴史あり
 03 LinuxはサーバーOSとしてその力を発揮する
 04 Linuxはゴージャスとシンプルの2つの操作方法をもつ
 05 ディストリビューションから最適なLinuxを選択する
 06 ディストリビューションをインストールしよう
 第1章 練習問題

第2章 Linuxにさわってみよう
 07 スタートはログインから
 08 プロンプトは準備OKの合図
 09 コマンドを使ってみよう
 第2章 練習問題

第3章 ファイルとディレクトリ操作のきほん
 10 Linuxではフォルダのことをディレクトリと呼ぶ
 11 ディレクトリからディレクトリへ移動する
 12 ファイルを表示する
 13 ファイルのしくみをマスターする
 14 ファイルのなかみを見る
 15 ファイルやディレクトリをコピーする
 16 ファイルを移動する
 17 ディレクトリを作成する・削除する
 第3章 練習問題

第4章 はじめてのエディター
 18 WindowsのWordがLinuxではviだ
 19 viエディターを使ってみよう
 20 viエディターで編集してみよう
 21 ほかのエディターを使う
 第4章 練習問題

第5章 ユーザーの役割とグループのきほん
 22 ユーザーは3つに分けられる
 23 管理者ユーザーの仕事
 24 管理者ユーザーの心がまえ
 25 rootになる方法
 26 ユーザーとグループ、パーミッション
 27 ユーザー関係のコマンド
 28 グループ関係のコマンド
 29 システム管理コマンド
 第5章 練習問題

第6章 シェルの便利な機能を使おう
 30 シェルのしくみを知ろう
 31 おおまかな指示で必要なファイルを選び出す(ワイルドカード)
 32 コマンド入力中、代わりに入力してもらう(補完機能)
 33 過去のコマンド履歴を再利用する(ヒストリー機能)
 34 コマンドを別名登録する(エイリアス機能)
 35 プロンプトを変更する(シェル変数について)
 36 シェル変数のしくみと動作
 37 いつでも好きな設定を使えるようにする(環境設定ファイル)
 第6章 練習問題

第7章 使いこなすと便利なワザ
 38 便利なコマンドを使う1(echo、wc、sort、head、tail、grep)
 39 便利なコマンドを使う2(find)
 40 標準入力と標準出力を変更する(リダイレクト)
 41 パイプ機能を使ってさらに効率化する
 42 正規表現の第一歩
 43 シンボリックリンク
 44 アーカイブ・圧縮(gzip・tar)
 第7章 練習問題

第8章 ソフトウェアとパッケージのきほん
 45 RPMパッケージとrpmコマンド
 46 パッケージをyumコマンドで管理する(CentOS)
 第8章 練習問題

第9章 ファイルシステムのきほん
 47 ファイルシステムは何をしている?
 48 Linuxのファイルシステム
 49 ファイルシステムの使い方
 第9章 練習問題

第10章 プロセスとユニット、ジョブのきほん
 50 プロセス、ユニットとは何か
 51 ジョブを操作する
 第10章 練習問題

第11章 ネットワークのきほん
 52 そもそもネットワークってLinuxと関係あるの?
 53 プロトコルとTCP/IP
 54 IPアドレスとサブネット
 55 パケットとルーティング
 56 名前解決
 57 ポート番号
 58 ネットワーク設定のきほん
 59 ネットワークコマンドの簡単なまとめ
 第11章 練習問題

第12章 レンタルサーバー、仮想サーバー、クラウドのきほん
 60 レンタルサーバーから仮想サーバー、クラウドへ
 第12章 練習問題

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

情報処理教科書 システムアーキテクト 2020年版

販売価格:3,630円(税込)

2020.03.17発売

情報処理教科書 ネットワークスペシャリスト 2020年版

販売価格:3,168円(税込)

2020.03.17発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

PDF版高額書籍フェア

【PDF版高額書籍フェア】売れ筋のハイエンドPDF版書籍を厳選し、40%ポイント還元!

注目のプログラミング教育本

2020年度から小学校で必修化!話題のプログラミング教育の本はこちら。

ビジネススキルの本

ビジネスマナー、仕事術、業界知識を身に付けるならこの一冊!おすすめビジネススキルの本。

エンジニア必携特集

【エンジニア必携特集】開発現場で使える!ITエンジニアの業務に役立つ書籍を一挙ご紹介。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

特集をもっと見る