ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ【PDF版】

リンダ・リウカス(著) , 鳥井 雪(翻訳)

商品番号
152500
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2017年04月10日
ISBN
9784798152509
データサイズ
約59.3MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
プログラミング  絵本  Ruby  電子書籍【PDF版】  教育  ルビィのぼうけん

販売価格:¥1,980(税込)送料無料

ポイント:180pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

\初回購入から使えるポイント500円分プレゼント/

紙の書籍を見る

今すぐ使える10%割引クーポン
(一部除外あり)

ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

世界20か国以上で翻訳!
ベストセラー絵本『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』の
続編が登場!今度のぼうけんはコンピューターの中!

150年ほど前、ルイス・キャロルはアリスを、鏡の向こうの不思議な
世界へと放り込みました。わたしはルビィを、同じような旅に送り出します。
それは大きなOS(オペレーティングシステム)から一番小さなビットまで―
そして、その間にある、あらゆるものをめぐる冒険です。

――――リンダ・リウカス(「保護者の方へ」より)

【あらすじ】
『ルビィは想像力と行動力でどんなことだってできちゃう女の子。
好きな言葉は「どうして?」

あるたいくつな日、ルビィはお父さんのパソコンのマウスポインター
(矢印)が動かないことを発見します。相棒のマウスとともに飛び込んだのは、
コンピューターの中の世界。きらきら明滅するビットたち、うるさがたの
論理ゲート、命令ばかりするCPUなど、いろんなコンピューターの国の
住人たちに出会いながら、ルビィはぶじカーソルを見つけられるでしょうか?』

本書はフィンランドのプログラマーであるリンダ・リウカスがつくった、
親子で楽しくコンピューターのしくみに触れる知育絵本です。この絵本は
大きく2つのパートに分かれています。

【絵本】女の子ルビィがコンピューターの中を冒険し、さまざまな
出会いを通じてコンピューターの部品の役目や動きかたを知るストーリー

【アクティビティ】絵本で知った知識や考え方をしっかり身につけるために、
遊びながら学べる練習問題

リンダが描く、色彩豊かな可愛らしいイラスト・キャラクターたち。
主人公が女の子という、子ども向けプログラミング関連の書籍にはめずらしい
手にとりやすさが特長です。

コンピューターやプログラミングは、自分の考えを、動くかたちにできる
楽しさに満ちています。この本がその楽しさを知る一つの入り口となってほしい、
そんな作者の願いがこもった『ルビィのぼうけん』をお子さんと一緒に
楽しんでください。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
>>『ルビィのぼうけん』特設サイトはこちら!
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

ふじ さん

2019-02-19

続きまして2冊目はコンピュータについて。ハードウェアとソフトウェアに分けてパーツの役目と作りの特徴を物語に沿って理解する内容。パソコン=難しい、ではなく、未来には今までにないどんなことができるようになるのか?というワクワクする気持ちを思い出させてくれる出題の仕方が魅力的。

絵具巻 さん

2017-09-12

文京区立根津図書館で借りました。

WaterDragon さん

2017-07-23

前作の「こんにちは!プログラミング」とは異なり、「コンピューターはなぜ動くのか」の絵本版のようなイメージ。ルビィのパソコンのマウスのポインタが画面上に表示されない。その原因を探るため、マウス(ねずみ)といっしょにハードウェアの内部へ「冒険」に出かける、こんな感じのストーリー。前作同様、子どもへの読み聞かせはいいと思うんですが、読み聞かせる側(親、保護者など)がきちんと本書の中身(あるいはパソコン)を理解していないとまるで意味をなさないと思います。まずは、大人が読むべき絵本。

関連リンク

関連商品

マインクラフトでわくわく学ぶ!Pythonプログラミング入門

販売価格:1,980円(税込)

2023.03.15発売

おすすめ特集

【2022年】SEshop人気書籍 ベスト20

【2022年SEshop人気書籍】ロングセラーのビジネス書を筆頭に、エンジニア必携書などベスト20をご紹介

最先端テクノロジー

【最先端テクノロジー特集】メタバース・NFT・ブロックチェーンの本を厳選紹介

情報処理教科書シリーズ

【2023年版】情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格

プレゼント本特集

出版社が選んだプレゼントにおすすめの本~誕生日やちょっとした贈り物に~

雑学本特集

面白い!ためになる!SEshop厳選雑学本特集

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る