New Relic実践入門 監視からオブザーバビリティへの変革

翔泳社(出版社) , 松本⼤樹(著) , 佐々木千枝(著) , 田中孝佳(著) , 伊藤覚宏(著) , 清水毅(著) , 齊藤恒太(著) , 瀬戶島敏宏(著) , 小口拓(著) , 東卓弥(著) , 会澤康二(著)

商品番号
166590
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2021年09月15日
出荷開始日
2021年09月14日
ISBN
9784798166599
判型
B5変
ページ数
344
キーワード
セキュリティ  開発  エンジニア  クラウド  システム構築  ITインフラ  DevOps

販売価格:¥3,300(税込)

ポイント:300pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

次世代型の運用監視を実現するオブザーバビリティと
New Relic製品群の実践的な活用方法を解説!

本書は、次世代監視に必須となるオブザーバビリティ(Observability:可観測性)
という考え方と、New Relicというツールを使ったオブザーバビリティの実践手法に
ついて解説した書籍です。

これまでの監視の問題点やオブザーバビリティの必要性、
New Relicの基本的な使い方、活用パターンなどを詳説しています。

--------------------
本書の構成は、次のように3部構成となっています。

■Part 1 New Relicを知る
従来の古典的な監視の問題点とオブザーバビリティを備えた次世代の運用監視の
必要性を説明するとともに、それを実現するために強力な武器となりえる
New Relicとそれを支えるプラットフォームの概要をしていきます。

■Part 2 New Relicを始める
実際にNew Relicを使うための基礎知識を身につけるために、
システムのエンド・ツー・エンドのオブザーバビリティ特性を提供する、
APM、Infrastructure、Synthetics、Browser、Mobile、Logs、New Relic One
といった全ツールの基本的な使い方を学習します。

■Part 3 New Relicを活用する──16のオブザーバビリティ実装パターン
応用編として16のオブザーバビリティ実装パターンを紹介します。

これらの実装パターンは多くのエンジニアが必要となるであろう、すぐに応用できそうな
ものに絞ってリストアップし、さまざまな課題に対する実践的なアプローチを
理解/活用しやすい形で具体的にまとめました。これらを現場で適用いただくこと
で、すぐに効果が得られると考えています。

本書を読んでいただき、次世代の運用監視の考え方を身につけた読者の皆様が
New Relicという新しいツールを使って、デジタル化という大きな変化に対応し、
またデジタルビジネスを成功に導くために活躍されることを確信しています。
(「はじめに」より抜粋)

次世代型の運用監視を実現するオブザーバビリティとNew Relic製品群の実践的な活用方法を解説!

次世代型の運用監視を実現するオブザーバビリティとNew Relic製品群の実践的な活用方法を解説!

本書は、次世代監視に必須となるオブザーバビリティ(Observability:可観測性)という考え方と、New Relicというツールを使ったオブザーバビリティの実践手法について解説した書籍です。これまでの監視の問題点やオブザーバビリティの必要性、New Relicの基本的な使い方、活用パターンなどを詳しく説明しています。

Part 1 New Relicを知る

Part 1 New Relicを知る

従来の古典的な監視の問題点とオブザーバビリティを備えた次世代の運用監視の必要性や、それを実現するために強力な武器となりえるNew Relicとそれを支えるプラットフォームの概要を解説していきます。

Part 2 New Relicを始める

Part 2 New Relicを始める

実際にNew Relicを使うための基礎知識を身につけるために、システムのエンド・ツー・エンドのオブザーバビリティ特性を提供する、APM、Infrastructure、Synthetics、Browser、Mobile、Logs、New Relic Oneといった全ツールの基本的な使い方を解説します。

Part 3 New Relicを活用する──16のオブザーバビリティ実装パターン

Part 3 New Relicを活用する──16のオブザーバビリティ実装パターン

応用編として16のオブザーバビリティ実装パターンを紹介します。

本書の内容

■Part 1 New Relicを知る

第1章 オブザーバビリティの重要性
1.1 オブザーバビリティとは?
1.2 オブザーバビリティに必要なテレメトリーデータとは?

第2章 New Relic Oneとは?
2.1 New Relic Oneの全体像
2.2 サービスを支えるシステム基盤とセキュリティ

■Part 2 New Relicを始める

第3章 New Relicの始め方
3.1 アカウントの作成方法
3.2 アカウント構造とアクセス制御の考え方

第4章 Telemetry Data Platform
4.1 Telemetry Data Platform の概要
4.2 Data explorerとQuery builder
4.3 Dashboards
4.4 Log Management
4.5 API
4.6 Manage Data
4.7 Build on New Relic One

第5章 Full-Stack Observability
5.1 Full-Stack Observabilityの概要
5.2 New Relic APM
5.3 New Relic Infrastructure
5.4 New Relic Synthetics
5.5 New Relic Browser
5.6 New Relic Mobile
5.7 Serverless
5.8 Logs in Context
5.9 Distributed Tracing(分散トレーシング)

第6章 Alerts and Applied Intelligence(AI)
6.1 AlertsとApplied Intelligence(AI)
6.2 New Relic Alertsの設定
6.3 Applied Intelligence(AI)の概要

■Part 3 New Relicを活用する─16のオブザーバビリティ実装パターン

□第3部の構造と読み方
00 オブザーバビリティ成熟度モデル─第3部の内容について

□レベル0 Getting Started/レベル1 Reactive
01 バックグラウンド(バッチ)アプリおよびGUIアプリの監視パターン
02 メッセージキューでつながる分散トレーシング
03 Mobile Crash分析パターン
04 Kubernetesオブザーバビリティパターン
05 Prometheus+Grafana連携
06 W3C Trace Contextを使ったOpenTelemetryとNew Relic Agentでの分散トレーシングパターン

□レベル2 Proactive
07 Webアプリのプロアクティブ対応パターン─Webアプリの障害検知と対応例
08 データベースアクセス改善箇所抽出パターン
09 ユーザーセントリックメトリクスを用いたフロントエンドパフォーマンス監視パターン
10 モバイルアプリのパフォーマンス観測
11 動画プレイヤーのパフォーマンス計測パターン
12 アラートノイズを発生させないためのアラート設計パターン

□レベル3 Data Driven
13 SRE:Service Levelと4つのゴールデンシグナル可視化パターン
14 ビジネスKPI計測パターン
15 クラウド移行の可視化パターン
16 カオスエンジニアリングとオブザーバビリティ

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

OpenShift徹底入門

販売価格:4,180円(税込)

2022.01.19発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

特集をもっと見る