エンタープライズのためのGoogle Cloud クラウドを活用したシステムの構築と運用【PDF版】

遠山 雄二(著) , 矢口 悟志(著) , 小野 友也(著) , 渡邊 誠(著) , 岩成 祐樹(著) , 久保 智夫(著) , 村上 大河(著) , 星 美鈴(著) , 遠山 雄二(監修) , 中井 悦司(監修) , 佐藤 聖規(監修)

商品番号
175250
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2022年01月18日
ISBN
9784798175256
データサイズ
約25.8MB
制限事項
印刷可・テキストのコピー可
キーワード
ネットワーク  セキュリティ  クラウド  電子書籍【PDF版】

販売価格:¥3,630(税込)

ポイント:1,650pt (50%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

Google Cloudのエンジニアによる本格解説書!

クラウドコンピューティングが普及する中で、エンタープライズシステムもまた、
オンプレミスからクラウドへの円滑かつ効果的な移行が求められています。

本書は、エンタープライズシステムを構築・運用するエンジニアのために、
Google Cloudの具体的なユースケースや設計ポイントを
Google Cloudのエンジニア陣が徹底的に解説する一冊です。

プロダクトカットで機能の説明にフォーカスをするのではなく、
従来オンプレミスでシステム開発を行う際にも考慮が必要である
「アカウント設計」「セキュリティ設計」「ネットワーク設計」
「プロダクト設計」「監視・運用設計」「移行設計」といった設計軸で、
Google Cloudを利用する際のポイントについて述べています。

また、説明の軸足を置くユースケースとしては主に、従来オンプレミスで
稼働していたようなエンタープライズシステムを、どのように
Google Cloud上で実現するかにフォーカスしているため、
あえてコンテナ、データ分析、AI/MLといった領域の説明は
簡易な記載にとどめています。

本書を読めば、エンタープライズ用途にも耐えうるクラウドアプリケーションの
 ・アカウント設計
 ・セキュリティ設計
 ・ネットワーク設計
 ・プロダクト設計
 ・監視・運用設計
 ・移行設計
などのノウハウを、広く深く学ぶことができます。

【目次】
・Chapter 1:Google Cloudの概要
・Chapter 2:アカウント設計
・Chapter 3:セキュリティ設計
・Chapter 4:ネットワーク設計
・Chapter 5:プロダクト設計
・Chapter 6:監視・運用設計
・Chapter 7:移行設計
・Chapter 8:Google Cloudを用いたエンタープライズシステム(クラウド移行プロジェクトの例)

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
Google cloudのエンジニアによる本格解説書

本書は、エンタープライズシステムを構築・運用するエンジニアのために、Google Cloudの具体的なユースケースや設計ポイントをGoogle Cloudのエンジニア陣が徹底的に解説する一冊です。プロダクトカットで機能の説明にフォーカスをするのではなく、従来オンプレミスでシステム開発を行う際にも考慮が必要である「アカウント設計」「セキュリティ設計」「ネットワーク設計」「プロダクト設計」「監視・運用設計」「移行設計」といった設計軸で、Google Cloudを利用する際のポイントについて解説します。

Google cloudの概要

クラウドコンピューティングの基礎知識、Google Cloudのサービス拠点、プロダクトの概要、料金体系など、Google Cloudの全体像。

アカウント設計

リソースの階層構造、プロジェクトで使用するリソースに対する課金の仕組み、ユーザーアカウントに対する認証・認可の仕組み。

セキュリティ設計

Google Cloudで利用できるセキュリティ機能、これらを利用したセキュリティ対策の方法。

ネットワーク設計

Google Cloudネットワークの全体像、VPCの設計、オンプレミス環境との接続(ハイブリッド接続)、DNS、Cloud CDNとCloud Load Balancing。

プロダクト設計

「コンピューティング」関連プロダクト、「ストレージ/データベース」プロダクトの具体的な仕様や特徴と設計ポイント。

監視・運用設計

監視・運用に求められる要件、Google Cloudのプロダクトを利用した実装方法、効率的に利用するための設計ポイント。

移行設計

オンプレミスからクラウドに移行する際の移行パターン、移行ステップ、サーバー移行、データ移行、データベース移行における具体的な移行方法。

Google cloudを用いたエンタープライズシステム

オンプレミス環境からGoogle Cloudへのシステム移行の具体的な流れ。(架空企業のクラウド移行プロジェクトを例に解説)

Chapter 1 Google Cloudの概要
1.1 クラウドコンピューティングとオンプレミスシステム
1.2 Google Cloudの歴史
1.3 Google Cloudの特徴
1.4 Google Cloudのインフラストラクチャ
1.5 Google Cloudのプロダクト
1.6 Google Cloudの料金
1.7 まとめ

Chapter 2 アカウント設計
2.1 リソース管理
2.2 請求先の管理
2.3 ユーザー権限の管理
2.4 ベストプラクティス
2.5 まとめ

Chapter 3 セキュリティ設計
3.1 Google Cloudにおけるセキュリティ
3.2 セキュリティ関連のプロダクト
3.3 構成例
3.4 まとめ

Chapter 4 ネットワーク設計
4.1 Google Cloudネットワークの全体像
4.2 VPCの設計
4.3 オンプレミス環境との接続(ハイブリッド接続)
4.4 DNS
4.5 Cloud CDNとCloud Load Balancing
4.6 まとめ

Chapter 5 プロダクト設計
5.1 Compute Engine
5.2 App Engine
5.3 Google Kubernetes Engine(GKE)
5.4 Cloud Functions
5.5 Cloud Run
5.6 Cloud Storage
5.7 Cloud Bigtable
5.8 Cloud SQL
5.9 Cloud Spanner
5.10 Memorystore
5.11 Cloud Firestore(Nativeモード/Datastoreモード)
5.12 まとめ

Chapter 6 監視・運用設計
6.1 監視・運用とは
6.2 Google Cloudの監視・運用に関するプロダクト
6.3 体制設計のポイント
6.4 監視設計のポイント
6.5 運用設計のポイント
6.6 まとめ

Chapter 7 移行設計
7.1 移行パターン
7.2 移行ステップ
7.3 移行方法
7.4 まとめ

Chapter 8 Google Cloudを用いたエンタープライズシステム(クラウド移行プロジェクトの例)
8.1 架空企業とシステム
8.2 移行するワークロードの評価
8.3 移行計画の策定
8.4 移行の実施
8.5 移行後環境の最適化
8.6 まとめ

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

情報処理教科書 ネットワークスペシャリスト 2023年版

販売価格:3,168円(税込)

2022.09.21発売

おすすめ特集

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る