翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

実践DataOps 発売予定

Atwal Harvinder(原著) , 丸山 大輔(翻訳) , 松田 和雄(翻訳) , 關 哲也(翻訳)

商品番号
179240
販売状態
発売予定
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2024年05月28日
出荷開始日
2024年05月25日
ISBN
9784798179247
判型
B5変
ページ数
288
キーワード
アジャイル  データ分析  スクラム

3,828円(税込)(本体3,480円+税10%)
送料無料

348pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

予約商品

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

電子書籍はこちら 紙書籍とPDF版のセット商品はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

データ管理者/利用者/エンジニアを巻き込むチーム作りが、
あなたの組織のデータ戦略の鍵となる

◆◆◆本書は『Practical DataOps: Delivering Agile Data Science at Scale』の邦訳です。◆◆◆

データサイエンティストをこれから採用しようとする組織でも、すでに協業している組織でも、その価値を本当に活かしきれているでしょうか? データサイエンティストだけでなく、情報管理者、エンジニア、ステークホルダーなど、関係するすべての人々を巻き込むチーム作りがなされていなければ、実際、あらゆる箇所がボトルネックになりえます。

本書は、20年以上にわたってデータアナリティクスの現場で活躍してきた著者が提案する、データ利活用を根本から効率化するための方法論です。アジャイルプラクティス/リーンシンキング/データアナリティクス/DevOpsといった手法を組み合わせながらすべての人を巻き込むチーム作りを目指す「DataOps」について学び、あなたの組織でもデータ戦略の価値を最大化しましょう!

もくじ

◆Part 1 DataOps序論
 ・Chapter 1 データサイエンスの問題点
 ・Chapter 2 データ戦略
◆Part 2 DataOpsの実践に向けて
 ・Chapter 3 リーンシンキング
 ・Chapter 4 アジャイルなコラボレーション
 ・Chapter 5 効果測定とフィードバックの仕組み作り
◆Part 3 さらなるステップ
 ・Chapter 6 信頼の構築
 ・Chapter 7 DataOpsへのDevOpsの適用
 ・Chapter 8 DataOps実現のための組織作り
◆Part 4 セルフサービス型組織
 ・Chapter 9 DataOpsで用いるテクノロジー
 ・Chapter 10 DataOpsの導入手順

◆Part 1 DataOps序論
 ・Chapter 1 データサイエンスの問題点
 ・Chapter 2 データ戦略
◆Part 2 DataOpsの実践に向けて
 ・Chapter 3 リーンシンキング
 ・Chapter 4 アジャイルなコラボレーション
 ・Chapter 5 効果測定とフィードバックの仕組み作り
◆Part 3 さらなるステップ
 ・Chapter 6 信頼の構築
 ・Chapter 7 DataOpsへのDevOpsの適用
 ・Chapter 8 DataOps実現のための組織作り
◆Part 4 セルフサービス型組織
 ・Chapter 9 DataOpsで用いるテクノロジー
 ・Chapter 10 DataOpsの導入手順

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

実践DataOps【PDF版】

3,828円(税込)

2024.05.28発売

おすすめ特集

法人・教育機関のお客様へ

【法人・教育機関のお客様へ】新年度の大口注文・お見積りなど、お気軽にご相談ください

Webデザイン特集

デザインやコーディングなど、Webデザインに役立つスキルが身につく書籍を揃えました

生成AI特集

テキスト生成、画像生成、動画生成など、生成AI活用のスキルが身につく本をご紹介

新社会人におすすめの本

新社会人の役に立つスキルが身につく本。ビジネスパーソンとしてスタートダッシュを切ろう!

プログラミング教育の本

小学校から必修化!人気の『ルビィのぼうけん』ほかプログラミング教育の本はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る