翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

はじめての上流工程をやり抜くための本 システム化企画から要件定義、基本設計まで

三輪 一郎(著)

商品番号
114370
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2008年03月03日
出荷開始日
2008年03月04日
ISBN
9784798114378
判型
A5
ページ数
278
キーワード
開発  エンジニア

2,508円(税込)(本体2,280円+税10%)
送料無料

228pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

ITスキルだけでは乗り切れない上流工程を「やり抜く」ためのノウハウを満載

システム化企画や要件定義、基本設計といったいわゆる上流工程は、実装のスキルが高いだけでは務まりません。エンジニアリング的に正しい結論を導き出すことはもちろん、その結論に至るように「議論をリードし」「関係者の合意を得て」「周囲の人間を巻き込んでプロジェクトをドライブする」スキルなどが求められます。加えて、業務とIT(コンピュータ)を含むシステム全体を見通せる視点の高さも必要です。求められるスキルの多い上流工程を「はじめてやり抜く」には、いったいどのような心構えで望めばよいのか、どのような準備が必要なのか、どのようなスキルアップの方法があるのか―その答えが、本書にあります。

第1章 上流工程とは

情報システムとは
  システムとは~業務の仕組み
  情報とは~意思決定を促すもの(≠データ)
  情報システムとは~情報を活用する業務の仕組み
  情報システムとIT~不可能なビジネスを可能にする
BPRと情報システム化
ITの知識が力の源
  創業100年なら「コンピュータなし」が歴史の半分以上
  ITがあってこその提案を
  業務改革を仕掛ける~新ビジネスモデルが実現する事業の価値
  現場の何が変わるのか
上流工程の位置づけ
  V字型アプローチモデル

第2章 新業務を描け~システム化の方向性検討と計画立案

ご挨拶、その前に
  挨拶した瞬間に見切られるようではダメ
事前準備と挨拶時の勘所
  「業務動向」を押さえる
  「組織」を押さえる
  「人」を押さえる
  「システム」を押さえる
  「技術動向」を押さえる
設計事務所の建築士としてお客様と接する
  Whyを聞く
  Whatを聞く
  Howを考える
見積り~「ご予算はいくら?」は愚問
  将来の夢や希望を聞く
  最低限できればよいことを知る
  複数の案で予算の上限と下限を探る
インタビュー
  要望のインタビューに白いノートは役立たない
  仮説検証型でアプローチせよ
  解のイメージを持ち込め
  知恵を借りる準備~「事前に考え抜く」ことで助言が得られる
  プロとしてお勧め案を示せ~目指せ3割打者、ダメもとで提案せよ
現場を知れ~仮説検証型情報収集
  現状調査~本人だってすべてはわからない
  想いをぶつけろ~イメージの具体化
  発見の連続~見たら放っておけない!
  現場調査は仮説の検証
  問題を挙げよ
  問題と課題
  アンケートをとるな!
  問題認識
  解決不能、解決不要もある
  プロとしての「問題」=解が示せるもの
新業務の全体像を描け
  何がどう変わるのか
  既存事務の機械化は20世紀に終わった
  新しい発想は持ち込めたか
  業務が変わる~誰が何をすること?
  ITが変わる~ITの活用方法と範囲は?
アーキテクチャをデザインせよ
  基盤系アーキテクトの守備範囲
  非機能要件
  アーキテクトとしての工夫
投資の効果をはじき出せ
  効果の見積り~投資&回収とは、何がどうなること?
  NPVの適用
  機能別・ロジック別に取捨選択せよ
  やってみなけりゃ・・・?ライバルは電通!博報堂!
  コストの見積り
課題を挙げよ
  課題=目標に至るためになすべきこと
  梃子(てこ)をかけるのはどこか
  計画に展開せよ
  Goサインを得よ
  RFPを作成せよ~関係者全員の合意が決裁者の背中を押す

第3章 ITを位置づけろ~要件定義&基本設計

要件定義~業務を示せ
  誰が、いつするのかに着目せよ
基本設計~「いきなりユースケース」はNG?
  業務の手順を明確化せよ
  操作が回り、業務が回る
  レビュー~保証する期待のすべてを図面化せよ
  おわりに~上流工程を目指す方へ

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

MATSUDA, Shougo さん

2018-05-29

表面的では無く、実際の上流工程で生死を分かつコミュニケーションに関する点など読んでいて今まさしく進めている上流工程に活かせる点が多々。満足するとともに暫く頼ることになりそうです。

LibraBee! さん

2016-11-15

【★★☆☆☆】時間がかかったが、ようやく読み終わった。即活用でき、よんでよかった。実業務を通じ経験したものを、体系的に纏められた本で学び、再度実践は血肉になる実感があり良い。次回の上流工程をする際には、この本で復習してから着手したい。

びーま さん

2017-06-21

「はて?これはなんでまだ決まってないんだろうか?」と思ったので確認のために読みました。やっぱり無いとダメだよなとか、ここは先送りしちゃダメだよなとかを再確認できました。考え方というより、思想の標準化が肝と思います。同じ標準の思想や目標を持って仕事をする方が効率的。2-3日使ってコアメンバーで同じ本を1冊読んで、目指すシステムの方向性を再確認してから案件を始めてはどうだろうか?まぁそれが共通フレームワーク2013じゃんと思うけど。というかそれは発注側も読んでよねと思う今日この頃。

関連商品

おすすめ特集

法人・教育機関のお客様へ

【法人・教育機関のお客様へ】新年度の大口注文・お見積りなど、お気軽にご相談ください

Webデザイン特集

デザインやコーディングなど、Webデザインに役立つスキルが身につく書籍を揃えました

生成AI特集

テキスト生成、画像生成、動画生成など、生成AI活用のスキルが身につく本をご紹介

新社会人におすすめの本

新社会人の役に立つスキルが身につく本。ビジネスパーソンとしてスタートダッシュを切ろう!

プログラミング教育の本

小学校から必修化!人気の『ルビィのぼうけん』ほかプログラミング教育の本はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る