いい弁護士の選び方 上手な付き合い方

大坪 孝行(著)

商品番号
142420
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2015年08月21日
出荷開始日
2015年08月22日
ISBN
9784798142425
判型
四六
ページ数
208
キーワード
経営  士業

販売価格:¥1,760(税込)

ポイント:160pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

ほしい物リストに追加

弁護士が必要になったら最初に読む本!

「専門家に頼まないとダメかも…」という問題が起こっても、どんな弁護士に頼んだらいいのか、ほとんどの人はわかりません。
ようやく弁護士にたどり着いても、費用がいくらかかるのか、問題解決までにどれくらいの時間がかかるのかなど、色々と不安なものです。
そこで本書では、長年にわたり法律事務所に勤務し、現在は士業専門のコンサルタントとして活躍する著者が、依頼者の味方になって今まで誰も教えてくれなかった「いい弁護士、いい法律事務所の見分け方」を紹介します。

第1章 まずは知るべし弁護士の正体
第2章 依頼する際に必要な基礎知識
第3章 事務所案内に騙されないで下さい!
第4章 面談時・依頼してからのチェックポイント
第5章 いい弁護士はここが違う!
第6章 結果を引きだす上手な付き合い方とは?
巻末 終わりに・お薦め弁護士&士業リスト
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

白義 さん

2017-06-01

軽くて読みやすい弁護士利用法入門。そもそも弁護士が一体どういう資格でどういう仕事をしているのかを分かりやすくレクチャーしながら、弁護士広告の読み方や見分け方などをアドバイスしてくれて、具体性が高く実用性は高そう。弁護士費用の問題から事務所の大まかな雰囲気、依頼した時に確認すべきこと、もし悪徳弁護士に引っかかった時の懲戒請求の仕方、とこれでもかと基本的な部分から教えてくれるため薄手の割に段階を追って結構頭に入ってくる。事務員になんでも対応させてる弁護士は要注意、というのはその理由も相まって実に説得力があった

HAL- さん

2021-10-13

「きほん」の「き」の書き順を一冊にしたような本。だからこそ、初めて弁護士に依頼する人にとってはわかりやすいだろう。深い部分まではあえて踏み込まずに「弁護士選びと裁判」に必要な入り口だけを厳選して書いているように感じた。まずこれからと推薦してもいいような優しい内容の本。

海戸 波斗 さん

2015-09-29

知り合いに頼めとかいうけど、その人が使えるかポンコツかわかんないじゃん。保険とかも知り合いに頼んでたら使えなかったしな。勉強になったな。中小企業にくっついてる○力団みたい弁護士さんとかは、見たことあっても動いてはくれなそうだな、私の仕事してもお金にならないもんな。世知辛いな。

関連商品

おすすめ特集

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る