プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと

松村 太郎(著) , 山脇 智志(著) , 小野 哲生(著) , 大森 康正(著)

商品番号
150950
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2018年02月15日
出荷開始日
2018年02月14日
ISBN
9784798150956
判型
A5
ページ数
168
キーワード
プログラミング  人工知能  教育

販売価格:¥1,760(税込)

ポイント:160pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

2020年から、小学校でのプログラミング必修化が決まりました。
読み書き計算と同じように、新しい時代の「教養」として今、
コンピューターやプログラミングの基礎を学ぶことが期待されています。

しかし現状はまだ、指導の方法や教材に一定のモデルがありません。
期待や希望が持たれる一方で、多くの情報があふれ、子どもたちをどうサポートすべきか、
不安な気持ちを抱えている保護者の方・教育関係者の方は多いことでしょう。
本書は、子どもたちが「プログラミング」に出会ううえで、大人はどういったサポートができるのか、
そしてどう一緒に楽しめるのか、わかりやすくお伝えする一冊です。

「そもそも、なぜ学ぶ必要があるの?」」
「どうして、教えることが決まったの?」
「どんな塾や教材があるの?」
「これから学校では、どう教えるの?」

……そういった疑問に答え、「プログラミング教育」について考えるヒントをご紹介します。

第1章 なぜ、プログラミングを学ぶの?
第2章 日本のプログラミング教育導入の目的
第3章 親子で楽しむ! プログラミング
第4章 どうなる? 学校のプログラミング教育

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

ハパナ さん

2018-06-21

2020年より小学校でプログラミング(以下プグミ)が必須科目になる。それに際して、今現在プグミの社会的位置付けや、 科目としてのカリキュラム。これからの展望について書かれた本です。ルーティーン化できる判断や行動を、細かく分析し工程として組み立てる。そしてそれを行使させるマニュアルが、正しくプグミと言えるのではないか。組織的に共通の目標を持って動く際は、プグミの発想は必須だと思います。

COPEN さん

2021-04-30

新しい教育の本来の目的を知ることができよかった。

sabaco さん

2018-08-01

単元ごとに著者が変わり、教科書のような印象。可能性が色々あるのはわかるが、まとめがないので、読んでいて面白い本とは思わなかった。全体感を知りたい人には向いているかも。

関連商品

WROにチャレンジ!小中高生のためのロボットプログラミング

販売価格:2,420円(税込)

2023.01.23発売

おすすめ特集

情報処理教科書シリーズ

【2023年版】情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格

ライティングおすすめ本

ライティングのスキルアップにおすすめの本。Webライティングやコピーライティングなど

データサイエンスおすすめ本

今読むべきデータサイエンスおすすめ本!基礎的な思考から実践方法まで

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

コミュニケーションおすすめ本

職場でのコミュニケーションに悩むあなたにおすすめの本7選。コミュ力は鍛えられる!

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る