翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

バリュー・プロポジション・デザイン 顧客が欲しがる製品やサービスを創る【PDF版】

アレックス・オスターワルダー(著) , イヴ・ピニュール(著) , グレッグ・ベルナーダ(著) , アラン・スミス(著) , 関 美和(翻訳)

商品番号
141140
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2017年11月09日
ISBN
9784798141145
データサイズ
約60.2MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
マーケティング  電子書籍【PDF版】  ビジネスモデル  販売

3,080円(税込)(本体2,800円+税10%)
送料無料

280pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

紙の書籍はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずPDF利用案内をお読みください。

日本で8万部突破&30カ国以上で出版された世界的なベストセラー
『ビジネスモデル・ジェネレーション』(小社刊)の続編が遂に登場!!

【本書の概要】
☆こんな皆さんに「バリュー・プロポジション・デザイン」をお勧めします!!

◆価値創造という仕事のプレッシャーに押しつぶされそう!!
◆実のない会議やばらばらなチームにうんざり・・・
◆期待された目玉プロジェクトで大失敗してしまった!
◆いいアイデアだったのにうまくいかなかった……(がっかり)など

「自分が売りたい商品」ではなく、「顧客が欲しがる商品」を!!
「価値創造のパターン」を理解する

本書を読めば、「価値創造のパターン」を目に見えるようにすることで、顧客にとってなにより大切な、やるべき仕事、ペイン(痛み)、ゲイン(利得)をズバリと解決するような提案が顧客にできるようになります。つまり利益の出るビジネスモデルを上手にデザインすることができるようになります。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
1 キャンバス
1.1 顧客プロフィール
1.2 バリューマップ
1.3 フィット(相性)

2 デザイン
2.1 プロトタイピング
2.2 出発点
2.3 顧客を知る
2.4 選択する
2.5 正しいビジネスモデルを見つける
2.6 確立された組織におけるバリュー・プロポジション・デザイン

3 テスト
3.1 何をテストするか
3.2 段階を踏んでテストする
3.3 実験図書館
3.4 すべてを持ち寄る

4 進化

方向性を一致させる
測定し追跡する
常に改善し続ける
自らを再構築する
タオバオ:eコマースの再構築

用語集
コア・チーム
この本を事前に読んでくれた人たち
著者略歴
索引
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

Kawai Hideki さん

2015-12-10

ビジネスモデルキャンバス(BMC)の中でも、顧客セグメント(CS)とバリュープロポジション(VP)の書き方とブラッシュアップの仕方について特化した教科書。CSは、どんな顧客を想定していて、そのゲインとペインが何かを表す。VPは、製品の機能とどうやってゲインをもたらしたり、ペインを軽減するかを表す。CS-VP両者のゲイン/ペインのマッチングと、その仮説が正しいかを繰り返し検証していく。そのための視点の変え方、プロトタイピング、ヒアリングシートなどが役に立ちそうだった。

kumokumot さん

2020-09-20

印象的だったのは、顧客の想定と提供するサービスの構築は、あくまで検証サイクルの中の一部として扱われていたこと。あとがきにもリーン開発やデザイン思考・エスノグラフィーとの統合と表現されていたように、小さく仮説検証を回すことで不確実性を減らすアプローチは有用だし、むしろそれでしか不確実性は減らせないのだと思う。「いいビジネスモデルを考え、うんうん唸りながら磨く」のは昔の(遅い)やり方なのかもしれない。

イノベーター さん

2015-04-19

誰よりも早いレビューかな?

関連リンク

関連商品

おすすめ特集

プログラミング入門書大特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

ライティングおすすめ本

ライティングのスキルアップにおすすめの本。Webライティングやコピーライティングなど

マネー本特集

お金と経済の基礎知識から、資産形成・投資術、お金教育や介護まで。暮らしに役立つマネー本

インテリア本特集

おしゃれな部屋作りのヒントやインテリアの基礎知識、色使い、うつわや洋食器の知識まで、幅広い書籍をご紹介

事務職におすすめの本

Excel、日商簿記、業務の自動化を実現するRPAやPythonの技術など、事務職としてステップアップしたい人に!

特集をもっと見る