翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

Unity5 3Dゲーム開発講座 ユニティちゃんで作る本格アクションゲーム

まつだす(著) , BATA(著) , ㊥Maruchu(著) , うにたじゃむお(著) , 栗坂 こなべ(著) , 森理 麟(著) , alwei(著)

商品番号
138220
販売状態
品切れ
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2015年02月17日
出荷開始日
2015年02月18日
ISBN
9784798138220
判型
B5変
ページ数
432
キーワード
ゲーム  映像  Unity  3D

3,278円(税込)(本体2,980円+税10%)
送料無料

894pt (30%)
ポイントの使い方はこちら

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

現在、本商品は販売しておりません。 電子書籍はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

  • ポスト

本書は、2015年1月上旬にUnity5のプレオーダーユーザー向けに公開されたUnity 5.0 β19(Windows版)を利用した3Dゲーム開発手法について解説した書籍です。

本書では2014年4月から無償で利用できるようになった「ユニティちゃん」を利用し、本格的な3Dアクションゲームを開発する手法をまとめています(「ユニティちゃん」は、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのオリジナルキャラクターです。実際のゲーム開発に利用できます。利用規約については「ユニティちゃん」のダウンロードサイトでご確認してください)。

本書の前半では、Unityの特徴的な機能であるメカニムやシェーダ―、スクリプトの基本を解説します。すでにご存じの方も知識の整理に役立ちします。中盤から後半にかけては、「ユニティちゃん」が主役となる3Dアクションゲームを作りをメインで解説します。

具体的には、CHAPTER 04でドットイーターゲームを、CHAPTER 05でコミュニケーションゲームを、CHAPTER 06で脱出ゲームを、CHAPTER 07でAI対戦ゲームを作ります。またCHAPTER 08で2Dモデルを利用した2Dゲーム開発手法についても解説します。最終章ではゲーム開発で役立つC♯のコーディング手法を解説します。本書を読めば、本格的な3Dアクションゲームが作れること間違いなしです。

なお本書の内容はUnity 5.0 β19(Windows版)を元に解説していますので、正式リリースされているUnity 5.0(Windows版)と画面内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ORIENTATION Unityと3Dゲーム市場
CHAPTER 01 Unityを使ったスマートフォンゲームアプリ開発環境の準備
CHAPTER 02 ミニゲームでUnityの基本を学ぶ
CHAPTER 03 「ユニティちゃん データ」の使い方
CHAPTER 04 ドットイーターゲームを作る
CHAPTER 05 コミュニケーションゲームを作る
CHAPTER 06 脱出ゲームを作る
CHAPTER 07 AI対戦ゲームを作る
CHAPTER 08 2Dゲームを作る
CHAPTER 09 初心者ユーザーのためのC#講座
APPENDIX 1 Live2Dを利用する
APPENDIX 2 Unreal EngineでUnityChanを動かす
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

p-nix さん

2016-03-07

著者が複数なためか、章ごとのクオリティにばらつきがある気がした。自分でモデルから作るのは大変なのでユニティちゃんを使ってのプログラミングというのはとても良いと思う。

関連リンク

関連商品

おすすめ特集

プログラミング入門書大特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

ライティングおすすめ本

ライティングのスキルアップにおすすめの本。Webライティングやコピーライティングなど

マネー本特集

お金と経済の基礎知識から、資産形成・投資術、お金教育や介護まで。暮らしに役立つマネー本

インテリア本特集

おしゃれな部屋作りのヒントやインテリアの基礎知識、色使い、うつわや洋食器の知識まで、幅広い書籍をご紹介

事務職におすすめの本

Excel、日商簿記、業務の自動化を実現するRPAやPythonの技術など、事務職としてステップアップしたい人に!

特集をもっと見る