This is Lean 「リソース」にとらわれずチームを変える新時代のリーン・マネジメント

二クラス・モーディグ(著) , パール・オールストローム(著) , 前田 俊幸(翻訳) , 小俣 剛貴(翻訳) , 長谷川 圭(翻訳) , 前田 俊幸(監修) , 小俣 剛貴(監修)

商品番号
169510
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2021年03月15日
出荷開始日
2021年03月12日
ISBN
9784798169514
判型
四六
ページ数
264
キーワード
経営  イノベーション  リーダーシップ

販売価格:¥2,420(税込)

ポイント:220pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

組織・チームを真の効率化へと
導くにはどうすればよいか?

全14か国で翻訳された世界的ベストセラー、待望の邦訳!

本書では「フロー効率」という画期的な視点を導入することで、
組織とチームを圧倒的に「リーン」にする方法を紹介している。

多くの経営者やマネジメントがリーンのことを
コスト削減だと考えているが、それは誤っている。

顧客志向になることが、リーンの本筋であり、
真の効率化へと至る結論である。

デジタルトランスフォーメーションに代表されるような
組織・チームの効率化が求められる中、
本書はその王道を歩む方法を提示している。

とくに
・新規事業開発担当者
・既存事業を立て直したいマネージャー
・DX担当者
・スタートアップのリーダー
・組織の新陳代謝を促したい経営者
にとっては組織で実践できるリーンのエッセンスが
凝縮された、目から鱗の必読の一冊。

【目次】
プロローグ 五〇〇倍のスピード
第一章 リソース重視から顧客重視へ
第二章 フロー効率を左右するプロセス
第三章 プロセスにフローをもたらす要素
第四章 効率性のパラドックス
第五章 むかしむかし……トヨタは顧客重視を通じてどのようにナンバーワンになることができたのか
第六章 西の荒野へようこそ……君のことはリーンと呼ぼう
第七章 リーンではないもの
第八章 効率性のマトリックス
第九章 これがリーンだ!
第一〇章 リーンオペレーション戦略の実現
第一一章 あなたはリーン?釣り方を学ぼう!
エピローグ 無駄のない装いを!

ビジネスを圧倒的に効率化するための方法論
組織を真のデジタル化へと導く画期的な視点

多くの経営者やマネジメントが「リソース」を最大限使うことが効率化につながると思っている。 しかし、それは間違っている。

顧客志向にこだわることが結果として組織の効率化に直結する。
フロー効率を徹底解説

「トヨタ生産方式」を例に、「フロー効率」という画期的な視点を導入することで、個人・チーム・組織を圧倒的に「リーン」にする方法を紹介する。

生産性を高め続けるための新しい羅針盤

プロローグ 五〇〇倍のスピード
アリソンの場合:アリソンは癌を疑った
サラの場合:サラは胸にしこりを見つけた
これがリーンだ

第一章 ソース重視から顧客重視へ
アリソンが経験したリソース効率重視の医療システム
リソース効率―リソースの活用
サラが経験したフロー効率重視の医療システム
フロー効率―ニーズを満たす
二つの医療システムにおけるフロー効率の比較
どちらを選ぶ?

第二章 フロー効率を左右するプロセス
アリソンの診断までの旅路を撮影しよう
フローユニットの視点がプロセスを定義する
リソース効率とフロー効率の違いは依存のしかた
スループット時間を決定するシステム境界
プロセス内の活動の分類
スループット時間における付加価値アクティビティとしてのフロー効率
価値の付加密度としてのフロー効率
組織は数多くのプロセスで構成される

第三章 プロセスにフローをもたらす要素
飛行機の搭乗プロセス
リトルの法則
ボトルネックの法則
プロセスに対する変動効果の法則
プロセスの三法則とフロー効率

第四章 効率性のパラドックス
非効率性の第一の原因―長いスループット時間
非効率性の第二の原因―多すぎるフローユニット
非効率性の第三の原因―フローユニットごとに何度もリスタート
余計な仕事を増やす二次ニーズ
極めて〝非効率的〟な領収書の管理
効率性のパラドックス
効率性のパラドックスの解消

第五章 むかしむかし……トヨタは顧客重視を通じてどのようにナンバーワンになることができたのか
トヨタ自動車の歴史
トヨタが直面した経済危機
正しいことをやる
物事を正しくやる
不足の経済が強いる全体像の把握

第六章 西の荒野へようこそ……君のことはリーンと呼ぼう
大野が定義したトヨタ生産方式
日の目を見たリーン
世界を変えた本
トヨタの能力に注目した藤本
トヨタのDNAの解読
トヨタが自ら編纂したトヨタウェイ
ライカーの『ザ・トヨタウェイ』
リーン旋風!

第七章 リーンではないもの
問題1―さまざまな抽象度でリーンの定義が行われている
問題2―リーンが目的ではなく手段になっている
問題3―リーンはとにかくいいもので、いいものは何でもリーン

第八章 効率性のマトリックス
効率性マトリックス
変動によりマトリックス内の位置が制限される
マトリックス内での立ち位置を決めるのは戦略
マトリックス内の移動
リーン2.0

第九章 これがリーンだ!
超高速車検
超高速車検の効率性マトリックス
リーンオペレーション戦略
西の荒野を離れて

第一〇章 リーンオペレーション戦略の実現
何も知らない外国人
リーンオペレーション戦略を実現するための手段
さまざまな手段がリーン戦略を実現に導く
手段は普遍的ではない

第一一章 あなたはリーン?釣り方を学ぼう!
私たちはリーンですよね?
リーンオペレーション戦略が実現するのはいつ?
つねに改善する組織
大きな魚を釣り上げるか、それとも釣り方を学ぶか

エピローグ 無駄のない装いを!

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

あやなる さん

2022-01-12

Leanについてとてもわかりやすくまとめられた本。事例が具体的でイメージしやすかった。病院の待ち時間や領収書の処理作業など、リソース効率よりもフロー効率を重視しがちな事例満載。あまりにもわかりやすくて解説書って感じがちょっと物足りないくらいだったけど、最後にちゃんとトヨタが出てきて、改善し続けることの大切さが書かれているのもよかった。

KNJOB さん

2021-03-28

フロー効率を100%に近付ける取り組みの重要性を再認識できました。 変動の多い場合の加工メーカーで、お客様へ最短で製品を届けられるようにすることを目的として、その為にどのように仕事に取り組むのかを意識し、速さと早さの違いを認識し、早く取り組みはじめ、より速くより良いものを作る事ができるようにする事を、人との関わりの中でどう実現していくかをという考え方を、社員の皆と共有していく。その方法として、p165の効率性のマトリクスが、とても分かりやすく、勉強になりました。

Qucchi さん

2021-06-20

サービス提供側のリソース稼働率より、顧客への価値の提供効率(フロー効率)を高める戦略を取るべしと書かれている本。企画者と開発者が分かれてプロダクト開発していると、質の高い企画出しが間に合わず、開発者リソース効率維持のために妥協した企画を開発しがち。ビルドトラップの罠にもハマることになるので、常にフロー効率を追っていきたい。

関連商品

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る