翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

New Relic実践入門 第2版 オブザーバビリティの基礎と実現【PDF版】

松本 大樹(著) , 会澤 康二(著) , 松川 晋士(著) , 古垣 智裕(著) , 梅津 寛子(著) , 章 俊(著) , 竹澤 拡子(著) , 三井 翔太(著) , 大森 俊秀(著) , 大川 嘉一(著) , 中島 良樹(著) , 山口 公浩(著) , 齊藤 雅幸(著) , 小林 良太郎(著) , 髙木 憲弥(著) , 板谷 郷司(著) , 長島 謙吾(著) , 伊藤 基靖(著)

商品番号
184740
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2023年12月11日
ISBN
9784798184746
データサイズ
約62.8MB
制限事項
印刷可・テキストのコピー可
キーワード
セキュリティ  開発  エンジニア  クラウド  システム構築  電子書籍【PDF版】  DevOps

3,410円(税込)(本体3,100円+税10%)
送料無料

310pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

紙の書籍はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

あらゆるデータを収集・分析・可視化して、
システム/サービスの変化に能動的に対処せよ

ITシステムやサービスが複雑化する現代において、オブザーバビリティ(Observability:可観測性)という考え方が極めて重要になっています。

オブザーバビリティとは、デジタル上の複雑な動作をリアルタイムに把握して理解するための技術であり、「Observe(観察する)」+「ability(能力)」が組み合わされた単語で、特にソフトウェアの世界ではデジタル上の複雑な動作を収集・分析・可視化して、観測可能な状態にする技術のことを指します。

従来のモニタリング(監視)では、何かしらの形で「事前に想定できた」異常しかアラートとして検知できなかったのに対し、オブザーバビリティではテレメトリデータとしてあらゆるデータを集めることにより、「事前に想定できなかった」異常や変化を把握でき、開発・運用の両面において能動的な対処が可能になります。特に、大規模なシステム/サービスの開発・運用になればなるほど、オブザーバビリティから得られるメリットはより一層大きくなります。

そんなオブザーバビリティを実現するツール群が「New Relic」です。New Relicを利用することで、ブラウザ、モバイル、サーバーなどさまざまな環境で動くアプリケーションについて、オブザーバビリティを導入することが可能になります。また、SDKが対応する言語もJava、JavaScript、Go、.NET、PHP、Python、Rubyなど多岐にわたり、あらゆる状況下で一元的にデータ収集を行い、分析・可視化してくれます。

本書では、大規模システムの開発・運用に携わるエンジニアに向け、オブザーバビリティの基礎や考え方を身に付けつつ、オブザーバビリティを実現するツール「New Relic」の実践的な利用法や活用パターンについて解説します。

~目次~

■Part 1:New Relicを知る
・第1章:オブザーバビリティの重要性
・第2章:New Relicの全体像
■Part 2:New Relicを始める
・第3章:Synthetic Monitoring
・第4章:New Relic Mobile
・第5章:New Relic Browser
・第6章:APM
・第7章:Infrastructure Monitoring
・第8章:NPM
・第9章:ログ
・第10章:New Relic Alerts & AI ①:New Relic Alerts
・第11章:New Relic Alerts & AI ②:New Relic AI
・第12章:DevSecOps
・第13章:ビジュアライゼーション
■Part 3:New Relicの活用レシピ

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
画像01
■Part 1:New Relicを知る
・第1章:オブザーバビリティの重要性
・第2章:New Relicの全体像
■Part 2:New Relicを始める
・第3章:New Relic Synthetic Monitoring
・第4章:New Relic Mobile
・第5章:New Relic Browser
・第6章:New Relic APM
・第7章:New Relic Infrastructure
・第8章:New Relic NPM
・第9章:New Relic Log Management
・第10章:New Relic Alerts & AI ①:Alerts
・第11章:New Relic Alerts & AI ②:AI
・第12章:DevSecOps
・第13章:ビジュアライゼーション
■Part 3:New Relicの活用レシピ──17のオブザーバビリティ実装パターン
・レシピ01:アプリケーションの遅延箇所を特定する
・レシピ02:データベースアクセス改善箇所抽出パターン
・レシピ03:アプリケーションエラーのトリアージ
・レシピ04:バッチアプリ監視パターン
・レシピ05:脆弱性管理とIASTによるセキュリティのブラックボックステストの実行
・レシピ06:SREを実践する
・レシピ07:障害調査──マイクロサービスを例に
・レシピ08:カオスエンジニアリングとオブザーバビリティ
・レシピ09:モニタリングのOSSを活用する
・レシピ10:NPM/Infrastructure によるハイブリッドクラウドの運用監視実践
・レシピ11:クラウドコストを最適化する
・レシピ12:Infrastructure as a CodeによるNew Relicの管理
・レシピ13:モバイルアプリの分析
・レシピ14:動画サービスをモニタリングする
・レシピ15:ビジネスKPIの計測
・レシピ16:業務アプリケーションの監視
・レシピ17:New Relic AppsとProgrammability
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

おすすめ特集

【2023年下半期】SEshop人気書籍 ベスト20

【2023年下半期 ベスト20】SEshopで人気だった本をランキング形式で20冊ご紹介

アプリ開発特集

アプリ開発に必要な基礎知識や開発手順、使用言語に関する手引書をご紹介

DX特集

DXに関する知識/スキルを網羅的に習得できるオススメ本!

デジタルイラスト参考書

基本的な描き方から高度なテクニック、デジタルツールの使い方まで!デジタルイラスト上達本のご紹介

ビジネス教養本

プレゼンテーションスキルや文章術、データ活用スキルなど、ビジネスシーンで活きる教養本

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る